お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 15:40
属性情報を利用した歩行者測位情報フィルタリング手法の提案
石井 淳倉沢 央佐藤浩史中村元紀NTT)・高須淳宏相原健郎安達 淳NIIASN2014-167
抄録 (和) 人の位置情報に基づく適切なサービスを提供するためには精度の高い測位技術が求められる.一般に誤差を含む測位情報を修正するための手法としてはカルマンフィルタやパーティクルフィルタが用いられるが,これらの手法は時系列的な変化を考慮に入れるのみで個々の人物が持つ属性や環境の変化が考慮されることはない.そこで本研究では多量の歩行者データから人物の移動に影響を与える属性の分析を行い,得られた属性情報をパーティクルフィルタに組み込む手法を提案する. 
(英) High-accuracy position estimation systems are needed for providing a service customized for each person based on their position information. In order to estimate a precise position from the observed position containing some errors, the Kalman filter and the particle filter are frequently used. However, these filters are only taking time series information into account. Each person’s attribute and transition of environment, which would be also effective to revise location information, are never considered. In this paper, we analyzed attribute which effects one’s moving route and propose a method for building these attribute information to the particle filter.
キーワード (和) 位置推定 / 属性情報 / パーティクルフィルタ / / / / /  
(英) Position Estimation / Attribute Information / Particle Filter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 480, ASN2014-167, pp. 181-186, 2015年3月.
資料番号 ASN2014-167 
発行日 2015-02-23 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2014-167

研究会情報
研究会 MoNA ASN IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 芝浦工業大学豊洲キャンパス 
開催地(英) Shibaura Institute of Technology(Toyosu Campus) 
テーマ(和) モバイルアドホックネットワーク, モバイル時代を支える次世代無線技術, フィールドセンシング, モバイルアプリケーション, ユビキタスサービス, ユビキタスシステム, 一般 
テーマ(英) Mobile Ad hock Network, Field Sensing, Mobile Application, Ubiquitous Service, Ubiquitous System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2015-03-MoNA-ASN-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 属性情報を利用した歩行者測位情報フィルタリング手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a filtering method for pedestrian positioning using their attribute information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置推定 / Position Estimation  
キーワード(2)(和/英) 属性情報 / Attribute Information  
キーワード(3)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 淳 / Jun Ishii / イシイ ジュン
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉沢 央 / Hisashi Kurasawa / クラサワ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 浩史 / Hiroshi Sato / サトウ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 元紀 / Motonori Nakamura / ナカムラ モトノリ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高須 淳宏 / Atsuhiro Takasu / タカス アツヒロ
第5著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 健郎 / Kenro Aihara / アイハラ ケンロウ
第6著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 淳 / Jun Adachi / アダチ ジュン
第7著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2014-167 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会