電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 09:10
ネットワーク縮退アルゴリズムを用いたILPによる大規模ネットワーク設計手法
平 智彦見越大樹竹中豊文日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,マルチレイヤネットワーク(MLN)設計が,基幹ネットワークにおけるネットワーク設計技術として注目されている.MLN設計において,IPネットワークは光パスネットワーク上に構築され,光パスネットワークはWDM~(Wavelength Division Multiplexing)ネットワーク上に構築される.MLN設計問題は整数線形計画問題(ILP)を解くことで最適解を得ることができるが,大規模なトポロジになるほど変数の数が膨大となり,現実的な時間で解を得られない問題がある.
本稿では,この問題を解決するため,アメーバノードによるトポロジ縮退を利用したMLN設計手法の提案を行うと共に,従来方式と提案方式について数値計算実験を行い,計算精度と計算時間の観点から評価を行う. 
(英) In recent years, multi-layer network (MLN) design methods have attracted great attentions of backbone carriers for their networks designs.
In the MLN design, IP networks are constructed on optical path networks on the WDM (Wavelength Division Multiplexing) networks.
The optimal solution for multi-layer network design problem can be obtained by solving an integer linear programming problem~(ILP).
However, when applying this ILP problem for a large-scale network with a few hundred nodes, huge amount of variables are used and cannot be handled by middle size computers.
In order to cope with this problem, we propose an MLN design method using topology degeneracy by amoeba nodes.
We evaluate our proposed topology degeneracy method and show the availability of our method from viewpoints of calculation accuracy and calculation speed.
キーワード (和) 整数線形計画問題 / マルチレイヤネットワーク設計 / アメーバノード / 仮想ノード / / / /  
(英) Integer Liner Programming / Multi-layer Network Design / Ameba Node / Virtual Node / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-184, pp. 47-52, 2015年3月.
資料番号 NS2014-184 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク縮退アルゴリズムを用いたILPによる大規模ネットワーク設計手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) ILP Based Design of Large Scale Networks using Network Scale Reduction Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 整数線形計画問題 / Integer Liner Programming  
キーワード(2)(和/英) マルチレイヤネットワーク設計 / Multi-layer Network Design  
キーワード(3)(和/英) アメーバノード / Ameba Node  
キーワード(4)(和/英) 仮想ノード / Virtual Node  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 智彦 / Tomohiko Taira / タイラ トモヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-184 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会