電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 11:20
通信回線の相違に対する事前期待待ち時間の分析と推定モデルの構築
小長谷真也三好 匠芝浦工大)・矢守恭子朝日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,インターネットを中心としたIPネットワークが普及するなかで,映像・音声サービスの利用を前提とした新たな品質尺度として,ユーザが主観的に知覚・認知するユーザ体感品質(QoE:Quality of experience)が注目されている.従来の研究により,通信帯域,パケット損失,及び遅延時間といったネットワーク品質が等しい状況下でも,ユーザのおかれる状況や環境によりQoEは異なるとされてきた.一方,Wi-FiやLTEなどのネットワーク環境が急速に普及しているなか,通信回線の違いに着目したQoE分析は十分に行われていない.本稿では,4種類の通信回線に対する事前期待待ち時間について系列カテゴリ法を適用した分析を行う.また,通信回線に対する事前期待待ち時間の予測が可能な推定モデルを提案する. 
(英) In recent years, quality of experience (QoE), an evaluation method based on users' subjective evaluation, has attracted attentions while the Internet spreads. The QoE will change depending on users' psychological factor and usage environment even though the network state is the same. In contrast, there have been few studies focusing on the difference of communication lines. If the communication lines change, for example from wired connection to mobile Internet, users will get used to the new network, and thus the experience will change their QoE. This paper measures and compares the variation of QoE with four communication lines on a smart phone and a personal computer by the analysis using a method of successive categories. We also propose a model that can estimate prior waiting-time expectation to future communication lines.
キーワード (和) ネットワークサービス / サービス品質 / ユーザ体感品質 / 通信回線 / 事前期待待ち時間 / 系列カテゴリ法 / /  
(英) Network service / Quality of service / Quality of experience / Communication lines / Prior waiting-time expectation / Method of successive categories / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-194, pp. 103-106, 2015年3月.
資料番号 NS2014-194 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信回線の相違に対する事前期待待ち時間の分析と推定モデルの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on Prior Waiting-Time Expectation to Diverse Communication Links and Its Estimation Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークサービス / Network service  
キーワード(2)(和/英) サービス品質 / Quality of service  
キーワード(3)(和/英) ユーザ体感品質 / Quality of experience  
キーワード(4)(和/英) 通信回線 / Communication lines  
キーワード(5)(和/英) 事前期待待ち時間 / Prior waiting-time expectation  
キーワード(6)(和/英) 系列カテゴリ法 / Method of successive categories  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小長谷 真也 / Shinya Konagaya / コナガヤ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第3著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-194 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会