電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 09:50
アドホックネットワークにおける固定ノードを用いた負荷分散Opportunistic Routing
白井達也山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・三好 匠芝浦工大)・田中良明早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害時など既存の通信インフラが利用できない状況において,アドホックネットワークは有効な通信手段である.しかし,既存のアドホックルーチングプロトコルにおいては,通信開始時に選択された経路を継続的に利用するため,特定の経路上のノードに通信負荷が集中し,輻輳の発生や公平性の低下を引き起こしている.
本稿では,ネットワークに点在する固定ノードが近傍ノードの位置情報を利用して複数の配信経路を構築し,実際の転送経路を確率的に選択することで,ネットワーク全体の公平性を向上させる手法を提案している.また,シミュレーション評価により提案方式の優位性を示している. 
(英) Ad hoc network is regarded as an optimal solution to establish network on poor quality environments such as stricken areas due to its simple and low cost operation. However, conventional routing methods cause centralization of packet transmission load except for the occurrence of dynamic network topology changes.
In this paper, we propose a novel location-based load balancing method that can decentralize packet transmission load of each node in the whole networks. The proposed method opportunistically selects a route for data transmission from several route candidates prepared for load balancing. The performance and the efficiency of the proposed method are also clarified by computer simulation.
キーワード (和) アドホックネットワーク / 負荷分散 / 位置情報 / Opportunistic / ルーチングプロトコル / / /  
(英) Ad hoc network / Load balancing / Fixed node / Opportunistic / Routing protocol / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-178, pp. 13-18, 2015年3月.
資料番号 NS2014-178 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける固定ノードを用いた負荷分散Opportunistic Routing 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Opportunistic Routing Using Fixed Nodes for Load Balancing in Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) 負荷分散 / Load balancing  
キーワード(3)(和/英) 位置情報 / Fixed node  
キーワード(4)(和/英) Opportunistic / Opportunistic  
キーワード(5)(和/英) ルーチングプロトコル / Routing protocol  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 達也 / Tatsuya Shirai / シライ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-178 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会