電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 10:30
GPUによるOptimal Extension Fieldを用いたQUADストリーム暗号の高速化
田中哲士ISIT/九大)・鄭 振牟九大)・安田貴徳九州先端科学技研)・櫻井幸一ISIT/九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 鍵ストリームの生成に多変数二次多項式の付値を用いるQUADストリーム暗号において,有限体上の乗算はコアな計算である.
その為,QUADストリーム暗号の高速化には効率的な有限体上の乗算が必要となる.
実装上の効率的な乗算として,Optimal Extension Field(OEF)による乗算が知られている.
本発表ではOEFを有限体として用いた,QUADストリーム暗号のGraphics Processing Unit上における実装結果について報告する.
$text{GF}({2}^{32}-5)$上の32変数64多項式のQUADは$text{GF}({2}^{32})$のものよりもGPU上で9倍高速であった. 
(英) Evaluating non-linear multivariate polynomial systems over finite
fields is an important subroutine for QUAD stream cipher.
The security of QUAD definitely becomes lower if a larger field is used instead of $GF(2)$ given the same number of bits in the key.
However, we still would like to use larger fields because QUAD tends to run faster at the same level of security if a larger field is used.
In this paper, we substitute Optimal Extension Fields (OEF) for $text{GF}({2}^{32})$ to a finite field of multivariate quadratic polynomials.
QUAD over $text{GF}({2}^{32}-5)$ with 64 polynomials in 32 variables is 9 times faster than over $text{GF}({2}^{32})$ on GPU.
キーワード (和) GPGPU / ストリーム暗号 / 多変数公開鍵暗号 / Optimal Extension Field / / / /  
(英) GPGPU / stream cipher / multivariate public-key cryptography / optimal extension field / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 471, ISEC2014-75, pp. 1-4, 2015年3月.
資料番号 ISEC2014-75 
発行日 2015-02-23 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC IT WBS  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 
開催地(英) The University of Kitakyushu 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2015-03-ISEC-IT-WBS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) GPUによるOptimal Extension Fieldを用いたQUADストリーム暗号の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accelerating QUAD Stream Cipher using Optimal Extension Field on GPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPGPU / GPGPU  
キーワード(2)(和/英) ストリーム暗号 / stream cipher  
キーワード(3)(和/英) 多変数公開鍵暗号 / multivariate public-key cryptography  
キーワード(4)(和/英) Optimal Extension Field / optimal extension field  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 哲士 / Satoshi Tanaka / タナカ サトシ
第1著者 所属(和/英) 九州先端科学技術研究所/九州大学 (略称: ISIT/九大)
Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies/Kyushu University (略称: ISIT/Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 振牟 / Chen-Mou Cheng / チェン-モウ チェン
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 貴徳 / Takanori Yasuda / ヤスダ タカノリ
第3著者 所属(和/英) 九州先端科学技術研究所 (略称: 九州先端科学技研)
Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies (略称: ISIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 幸一 / Kouichi Sakurai / サクライ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 九州先端科学技術研究所/九州大学 (略称: ISIT/九大)
Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies/Kyushu University (略称: ISIT/Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2014-62,IEICE-ISEC2014-75,IEICE-WBS2014-54 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.470(IT), no.471(ISEC), no.472(WBS) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2015-02-23,IEICE-ISEC-2015-02-23,IEICE-WBS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会