電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 11:00
データセンタの省電力化に向けたガウス過程動的モデルによる温度分布予測
菅沼孝二奈良先端大)・樽谷優弥長谷川 剛中村 泰阪大)・浮田宗伯奈良先端大)・松田和浩NTT-AT)・松岡茂登阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) データセンタ全体の消費電力の削減を効率よく行うためには,データセンタ内の温度分布を機器やセンサから得られる情報から予測することが必要となる.本報告では,データセンタ内の過去の観測データを用いて機械学習を適用することで,データセンタ内の温度分布を予測する手法を提案する.提案手法では,対象となる観測データの非線形性やダイナミクスの特性を反映するために,学習モデルには,ガウス過程を動的システムに応用した手法であるガウス過程動的モデル(GPDM)を用いた.本報告では,我々の研究グループが運用しているデータセンタより得られた観測データを用いて,提案手法によるデータセンタ内の温度分布の予測の性能評価を行う.性能評価の結果, テストデータとして用いた区間において,確度$pm$0.932度,精度1.51度で予測できることを示した. 
(英) The prediction of temperature distribution is required for reducing the power consumption of the data center. In this paper, we propose a method to predict the temperature distribution in data center by machine learning with the past operation data of the data center. In the proposed method, we use Gaussian process dynamical model (GPDM), which the method applies Gaussian process for dynamical system, as a learning model for reflecting the nonlinearity and dynamics of operation data of the data center. In this paper, we evaluate the performance of proposed method by comparing the prediction of temperature distribution results with the actual data at our experimental data center. As a result, we show that the proposed method can predict temperature distribution within a range of 0.932 $+/-$ 1.51 (root mean square error $+/-$ 1 standard deviation) using Gaussian process dynamical model in this paper.
キーワード (和) データセンタ / 省電力化 / 温度分布予測 / ガウス過程動的モデル / / / /  
(英) data center / power consumption reduction / temperature distribution prediction / gaussian process dynamical model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 477, NS2014-204, pp. 155-160, 2015年3月.
資料番号 NS2014-204 
発行日 2015-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データセンタの省電力化に向けたガウス過程動的モデルによる温度分布予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of temperature distribution by gaussian process dynamical model for green data center 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データセンタ / data center  
キーワード(2)(和/英) 省電力化 / power consumption reduction  
キーワード(3)(和/英) 温度分布予測 / temperature distribution prediction  
キーワード(4)(和/英) ガウス過程動的モデル / gaussian process dynamical model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 孝二 / Koji Suganuma / スガヌマ コウジ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樽谷 優弥 / Yuya Tarutani / タルタニ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 泰 / Yutaka Nakamura / ナカムラ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浮田 宗伯 / Norimichi Ukita / ウキタ ノリミチ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 和浩 / Kazuhiro Matsuda / マツダ カズヒロ
第6著者 所属(和/英) エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社 (略称: NTT-AT)
NTT Advanced Technology Corporation (略称: NTT - AT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 茂登 / Morito Matsuoka / マツオカ モリト
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-204 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.477 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会