電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 11:20
強連結P2Pネットワークの自律分散構成法が及ぼすネットワーク性能への影響
坂本陸歩山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,中央サーバを必要とせず,低コストに大規模ネットワークを構築可能なピュアP2Pへの注目が高まっている.
しかし,P2Pネットワークは,次数の高いハブノードへの攻撃に対し脆弱であるという問題がある.
この問題に対し,我々は,従来研究で,自律分散制御により,ノードへの攻撃,ノードの離脱ともに耐性のある強連結P2Pネットワークを構築する手法を提案し,
シミュレーションにより,提案手法で構成されるネットワークがノードへの攻撃,ノードの離脱両方に対し高い耐性をもつことを示している.
しかし,従来研究では,提案手法が構成するネットワークの性能に関する調査を十分行っていなかった.
そこで,本稿では,シミュレーションにより,提案手法が構築するネットワークの性能を明らかにした. 
(英) A P2P network has a problem: it is vulnerable to attacks on hub nodes.
To solve this problem, a bimodal degree network has been studied that is robust to both hub node attacks and node departures and we proposed the distributed method to construct such a network.
However, we haven't research the nature of the network that our method constructs.
Therefore, we research the nature of the network that our method constructs by computer simulations in this paper.
キーワード (和) P2P / 攻撃 / 故障 / 二極次数ネットワーク / トポロジ / 自律分散 / /  
(英) P2P / attack / failure / bimodal degree network / topology / distributed system / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 478, IN2014-131, pp. 61-66, 2015年3月.
資料番号 IN2014-131 
発行日 2015-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンタ 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2015-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強連結P2Pネットワークの自律分散構成法が及ぼすネットワーク性能への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of a strongly-connected P2P network construction method on a network performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) 攻撃 / attack  
キーワード(3)(和/英) 故障 / failure  
キーワード(4)(和/英) 二極次数ネットワーク / bimodal degree network  
キーワード(5)(和/英) トポロジ / topology  
キーワード(6)(和/英) 自律分散 / distributed system  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 陸歩 / Rikuho Sakamoto / サカモト リクホ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-131 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2015-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会