お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-27 11:15
1μs以下にむだ時間を抑制可能なディジタルPFM制御回路の開発
野中廣茂針屋昭典宮木直人廣田翔吾石塚洋一長崎大EE2014-44 CPM2014-158 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2014-158
抄録 (和) 本研究室では,すでに提案済みの非絶縁形DC-DCコンバータ用ディジタルPulse Width Modulation (PWM)制御回路の,絶縁機能を含むディジタルPulse Frequency Modulation(PFM)制御回路への転用について検討を行っている.このディジタルPFM制御回路は,高速な応答性とメモリベース構成を特徴とし,小型化・高電力密度化を目指すためにスイッチング周波数の高周波化が求められ,かつ柔軟な制御が必要となる絶縁形DC-DCコンバータに大変適していると考えられる.本稿では,MHzレベル駆動のLLC電流共振形コンバータへの応用を目的とした,提案するディジタルPFM制御回路についておよびその実用性についての検証を行った.Field Programmable Gate Array(FPGA)を利用した制御回路の検証実験において,DC-DCコンバータの出力電圧の基準値±20%相当量の変動に対し,スイッチング周波数1MHzを中心として,約0.8MHz~1.2MHz区間でPFMが実現可能である事を確認した。また,負荷急変などに対し,約6.0ns程度の応答時間を確認し,今回の実験においては,含めていないアナログ回路素子の伝搬遅延時間を加味した場合においても,むだ時間を1µs以下に抑制できると予測している. 
(英) In this paper, a digital pulse width modulation (PFM) controller for the non-isolated DC-DC Converter has been proposed. Recently, it is required that the frequency of the switching power supply is higher, not limited to a non-isolated one, due to be smaller size and higher power density of the insolated DC-DC converter. In this study, the digital PFM control circuit for the LLC current resonant converter with fast response has been proposed. With the experimental results, it is confirmed that the switching frequency can be varied from 0.8MHz to 1.2MHz in regard to 20% variation of the equivalent output voltage of DC-DC converter. Also, it was confirmed that the time delay can be suppressed to 6.0ns.
キーワード (和) PI制御 / ディジタルPFM / むだ時間 / 絶縁形DC-DCコンバータ / / / /  
(英) PI control / Digital PFM / Time delay / Isolated type DC-DC converter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 466, EE2014-44, pp. 19-24, 2015年2月.
資料番号 EE2014-44 
発行日 2015-02-20 (EE, CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2014-44 CPM2014-158 エレソ技報アーカイブへのリンク:CPM2014-158

研究会情報
研究会 EE CPM  
開催期間 2015-02-27 - 2015-02-27 
開催地(和) NTT武蔵野研究開発センタ 
開催地(英) NTT Musashino R&D Center 
テーマ(和) 電池技術関連,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2015-02-EE-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1μs以下にむだ時間を抑制可能なディジタルPFM制御回路の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Digital PFM Controller with Suppressed Time-Delay within 1μs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PI制御 / PI control  
キーワード(2)(和/英) ディジタルPFM / Digital PFM  
キーワード(3)(和/英) むだ時間 / Time delay  
キーワード(4)(和/英) 絶縁形DC-DCコンバータ / Isolated type DC-DC converter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 廣茂 / Hirotaka Nonaka / ノナカ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 針屋 昭典 / Akinori Hariya / ハリヤ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮木 直人 / Naoto Miyaki / ミヤキ ナオト
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 翔吾 / Shogo Hirota / ヒロタ ショウゴ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 洋一 / Yoichi Ishizuka / イシヅカ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-27 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2014-44,IEICE-CPM2014-158 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.466(EE), no.467(CPM) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EE-2015-02-20,IEICE-CPM-2015-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会