電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-24 10:00
時空間方向領域分割を用いた動画像ブラインドPSNR推定
若林雅大甲藤二郎早大)・和田直史サムスンITS2014-47 IE2014-74
抄録 (和) 画像の高能率符号化方式では、量子化に伴う情報量の削減とともに画質劣化が起こる。我々は過去に圧縮動画像の復号画像のみからPSNRの推定を行うNR (Non-Reference) 型のブラインド推定を提案してきた。本稿では従来手法の前処理として時間方向のセグメンテーションを用いて、ブラインドPSNR推定を行う事を試みる。その結果、従来手法では推定が失敗してしまう場合でも安定したPSNR推定を行える事が出来、精度が向上した事を確認した。 
(英) In video coding, image quality degradation is inevitable due to quantization steps in the encoding process. We had proposed a blind type (no-reference type) PSNR estimation method which uses SVM and natural image statistics. In this paper, we apply a spatio-temporal segmentation method into the conventional method. As a result, we reveal that our method provides more stable results even when the conventional method fails, and can reduce an estimated error of PSNR.
キーワード (和) PSNR / SVM / ブラインド推定 / H.264/AVC / 時空間方向領域分割 / / /  
(英) PSNR / SVM / Blind Estimation / H.264/AVC / Temporal Segmentation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 460, IE2014-74, pp. 119-124, 2015年2月.
資料番号 IE2014-74 
発行日 2015-02-16 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2014-47 IE2014-74

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2015-02-23 - 2015-02-24 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2015-02-IE-ITS-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時空間方向領域分割を用いた動画像ブラインドPSNR推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blind PSNR Estimation of H.264/AVC Compressed Video using Spatio-Temporal Segmentation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PSNR / PSNR  
キーワード(2)(和/英) SVM / SVM  
キーワード(3)(和/英) ブラインド推定 / Blind Estimation  
キーワード(4)(和/英) H.264/AVC / H.264/AVC  
キーワード(5)(和/英) 時空間方向領域分割 / Temporal Segmentation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 雅大 / Masahiro Wakabayashi / ワカバヤシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 直史 / Naofumi Wada /
第3著者 所属(和/英) 株式会社サムスン日本研究所 (略称: サムスン)
Samsung R&D Institute Japan (略称: Samsung)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-24 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2014-47,IEICE-IE2014-74 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.459(ITS), no.460(IE) 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2015-02-16,IEICE-IE-2015-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会