お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-24 11:30
ホログラフィックメモリにおける空間直交振幅変調信号の検出法に関する検討
文仙正俊菅野円隆久岡巧弥柴田雄大佐藤隆典福岡大
抄録 (和) ホログラフィックメモリの大容量化を目的とし信号光に対する空間振幅変調と空間位相変調を併用する空間直交振幅変調(SQAM:Spatial Quadrature Amplitude Modulation)が注目されている.SQAM信号の生成,ホログラム材料への記録再生及び検出の実験的な検討はまだ十分には行われておらず,本報告ではいくつかの光波複素振幅計測法を用いてホログラム記録・再生されたSQAM信号の検出を試みる.また,実用的にはシングルショット撮像によるSQAM信号検出法の確立が必要不可欠であり,その実現法についても検討する. 
(英) Spatial Quadrature Amplitude Modulation (SQAM) in which the spatial phase of the signal beam in addition to the spatial intensity is modulated is expected as one of the signal modulation methods to increase the storage capacity of the holographic data storage. In this paper, detection of experimentally generated SQAM signal beam which is holographically recorded and reconstructed is investigated with several measuring methods of complex amplitude of light wave. Single shot detection technique for SQAM signal beam, which is inevitable for a practical perspective, is also discussed.
キーワード (和) ホログラフィックデータストレージ / 空間直交振幅変調 / 位相シフト干渉法 / フーリエ縞解析法 / / / /  
(英) Holographic Data Storage / Quadrature Amplitude Modulation / Phase-shifting Interferometry / Fourier Fringe Analysis / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2015-02-23 - 2015-02-24 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-MMS 
会議コード 2015-02-HI-IE-AIT-ITS-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホログラフィックメモリにおける空間直交振幅変調信号の検出法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on detection methods of signal with Spatial Quadrature Amplitude Modulation for holographic data storage 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィックデータストレージ / Holographic Data Storage  
キーワード(2)(和/英) 空間直交振幅変調 / Quadrature Amplitude Modulation  
キーワード(3)(和/英) 位相シフト干渉法 / Phase-shifting Interferometry  
キーワード(4)(和/英) フーリエ縞解析法 / Fourier Fringe Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 文仙 正俊 / Masatoshi Bunsen / ブンセン マサトシ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 円隆 / Kazutaka Kanno / カンノ カズタカ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久岡 巧弥 / Takuya Hisaoka / ヒサオカ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 雄大 / Yudai Shibata / シバタ ユウダイ
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 隆典 / Takanori Sato / サトウ タカノリ
第5著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-24 11:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-MMS 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会