お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-23 10:30
高精度な位相変調信号の計測に向けたホログラフィックダイバーシティ干渉法における計測精度の評価
野澤 仁岡本 淳北大)・高林正典九工大)・富田章久北大
抄録 (和) 私たちは位相変調信号を高精度に計測できる手法として2チャンネル型ホログラフィックダイバーシティ干渉法(2ch-HDI)を提案している.2ch-HDIでは,偏光の特性を利用して相対的に位相差の異なる2枚の干渉縞を同時生成し,これらを空間的に独立に配置した2台のカメラを用いて同時取得する.そして,得られた干渉データを基に2ch-HDI用の計算アルゴリズムを用いて位相分布を算出する.本稿では,2ch-HDIを用いた計測実験の結果と,2ch-HDIの計測精度評価のためのシミュレーションについてそれぞれ報告する. 
(英) We proposed two-channel type holographic diversity interferometry (2ch-HDI) for highly accurate of phase modulated signals. In the 2ch-HDI, two phase-shifted interference patterns between signal beams and reference beams are simultaneously generated by utilizing the characteristics of polarization. These two interference patterns are captured by two image sensors, which are allocated in different places. Obtaining these interference data, the phase distribution of signal beam is calculated by the optimum algorithm for 2ch-HDI. In this paper, we demonstrated an experiment to verify the basic operation of 2ch-HDI. We also reported the simulation result for evaluating the measuring accuracy of the 2ch-HDI.
キーワード (和) 位相シフト干渉法 / デジタルホログラフィ / 位相変調 / 高精度検出 / / / /  
(英) phase-shifting interferometry / digital holography / phase modulation / high-accurate detection / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2015-02-23 - 2015-02-24 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-MMS 
会議コード 2015-02-HI-IE-AIT-ITS-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高精度な位相変調信号の計測に向けたホログラフィックダイバーシティ干渉法における計測精度の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accuracy evaluation of holographic diversity interferometry for highly accurate measurement of phase modulated signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相シフト干渉法 / phase-shifting interferometry  
キーワード(2)(和/英) デジタルホログラフィ / digital holography  
キーワード(3)(和/英) 位相変調 / phase modulation  
キーワード(4)(和/英) 高精度検出 / high-accurate detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野澤 仁 / Jin Nozawa / ノザワ ジン
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 淳 / Atsushi Okamoto / オカモト アツシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高林 正典 / Masanori Takabayashi / タカバヤシ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 章久 / Akihisa Tomita / トミタ アキヒサ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-23 10:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-MMS 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会