電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-20 16:40
無線基地局への高強度光給電を目的としたダブルクラッド光ファイバによる光ファイバ無線伝送
佐藤 淳古郡秀人松浦基晴電通大OFT2014-81 OPE2014-236 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2014-236
抄録 (和) 外部電源無しで無線基地局を駆動可能な光給電型光ファイバ無線伝送を目的とした,伝送路にダブルクラッド光ファイバを用いた伝送系を構成し,その性能評価を行った.エラーベクトル振幅による上り・下りの双方向伝送時の伝送特性評価において,最大40 Wまでの給電光を入力した際においても,給電光を入力しなかった際と比較しても,エラーベクトル振幅差0.06%以下の高い伝送特性が維持されることを明らかにした. 
(英) We have successfully achieved the first reported simultaneous 40-W power-over-fiber using a double-clad fiber and bidirectional high transmission performances in terms of error-vector-magnitude (EVM). The obtained EVM penalties to the back-to-back signal of the downlink/uplink transmitted signals were negligible under the 40-W optical power feeding.
キーワード (和) ダブルクラッド光ファイバ / 光ファイバ無線 / 光ファイバ給電 / / / / /  
(英) Double-clad fiber / Radio-over-fiber / Power-over-fiber / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 452, OFT2014-81, pp. 125-128, 2015年2月.
資料番号 OFT2014-81 
発行日 2015-02-12 (OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2014-81 OPE2014-236 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2014-236

研究会情報
研究会 OPE OCS OFT  
開催期間 2015-02-19 - 2015-02-20 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、 光ファイバ計測応用、通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2015-02-OPE-OCS-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線基地局への高強度光給電を目的としたダブルクラッド光ファイバによる光ファイバ無線伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radio-Over-Fiber Transmission Using a Double-Clad Fiber for Optically Powered Base Stations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダブルクラッド光ファイバ / Double-clad fiber  
キーワード(2)(和/英) 光ファイバ無線 / Radio-over-fiber  
キーワード(3)(和/英) 光ファイバ給電 / Power-over-fiber  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 淳 / Jun Sato / サトウ ジュン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古郡 秀人 / Hidehito Furugori / フルゴオリ ヒデヒト
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 基晴 / Motoharu Matsuura / マツウラ モトハル
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-20 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2014-81,IEICE-OPE2014-236 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.452(OFT), no.453(OPE) 
ページ範囲 pp.125-128(OFT), pp.183-186(OPE) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2015-02-12,IEICE-OPE-2015-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会