お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-19 16:20
[ポスター講演]ストローク幅特徴を用いた情景画像中の文字検出
大島康嗣宮崎 智菅谷至寛大町真一郎東北大PRMU2014-133 CNR2014-48
抄録 (和) 自然画像を利用した文字検出を行う.本論文では文字領域をConnected Component (CC)として抽出する.Maximally Stable Extremal Regions (MSER)によって抽出されたCCから文字かどうかを判別するための特徴を計算する.文字領域のCCには,文字のストローク幅はほぼ一定であるといった特徴が現れると考えられる.そのため,ストローク幅からCCの特徴ベクトルを記述し,SVMによる2値分類を行うことで文字のCCを検出する. 
(英) We perform the character detection from the scene image. In this paper, character regions are extracted as connected components. By using CCs extracted by Maximally Stable Extremal Regions (MSER), we calculate features for classifying CCs into character regions or other regions. We consider that there exists a characteristic such that stroke widths of characters in CC of the character regions are nearly constant. Therefore, we describe a feature vector of CCs from stroke widths, and detect CC of the character using a binary classifier by SVM.
キーワード (和) 文字検出 / 連結成分 / ストローク幅 / / / / /  
(英) Character Detection / Connected Component / Stroke Width / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 454, PRMU2014-133, pp. 99-100, 2015年2月.
資料番号 PRMU2014-133 
発行日 2015-02-12 (PRMU, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2014-133 CNR2014-48

研究会情報
研究会 PRMU CNR  
開催期間 2015-02-19 - 2015-02-20 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界指向,産業 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2015-02-PRMU-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストローク幅特徴を用いた情景画像中の文字検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Character Detection With Stroke Width Features From Scene Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 文字検出 / Character Detection  
キーワード(2)(和/英) 連結成分 / Connected Component  
キーワード(3)(和/英) ストローク幅 / Stroke Width  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 康嗣 / Yasushi Oshima / オオシマ ヤスシ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 智 / Tomo Miyazaki / ミヤザキ トモ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅谷 至寛 / Yoshihiro Sugaya / スガヤ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大町 真一郎 / Shinichiro Omachi / オオマチ シンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-19 16:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2014-133,IEICE-CNR2014-48 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.454(PRMU), no.455(CNR) 
ページ範囲 pp.99-100 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2015-02-12,IEICE-CNR-2015-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会