お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-18 14:20
Improved accuracy frequency offset estimation for a poly-polarization multiplexing system
Julian WebberMasanori YofuneKazuto YanoNaoya KukutsuTomoaki KumagaiATRSAT2014-55
抄録 (和) 従来の衛星通信における周波数オフセット推定法は、適切なユニークワード(UW) 長で要求推定精度を満足するために、多くのフレーム平均を必要とする。しかしながら、フレーム平均長は、1 フレーム区間にUW シンボルを分散配置することでかなり短くすることができる。本稿では、多偏波多重(PPM) 方式への適用と共に、L&R とFitz アルゴリズムの改善したオフセット推定性能を比較する。通常、UW 分散の配置間隔の増加は周波数オフセットの推定可能範囲を減少させるが、分散配置で得られる推定精度の向上が減少した推定範囲を補償する相関長を短くできることを示す。これらの手法を用いることで、周波数オフセット28kHz 想定で、32 シンボルの短いUW を用いた場合でも64 シンボルの長いUW を用いた場合と同じ推定性能を達成できることを実証する。最後に、フレーム平均の最適な長さを選択する手法について説明する。 
(英) The current generation of frequency offset estimators for satellite communications generally require significant frame averaging to achieve sufficient estimation performance particularly with the efficient short unique word (UW) lengths. However this requirement can be significantly reduced by distributing the UW symbols throughout the frame, and in this paper, we compare the offset estimation performances of the L&R and Fitz algorithms with application to a poly-polarization multiplexing (PPM) system. Although in general increasing the UW separation reduces the offset range, we demonstrate in this paper that the performance benefits from UW separation allow the correlation length to be reduced which compensates for this reduced offset range. By using these techniques, we show that the performance of the estimator with short UW length of 32 symbols is able to achieve the same performance as the estimator with long UW length 256 symbols assuming a 28 kHz offset. Finally, a technique to select an optimized value of the frame averaging size is described.
キーワード (和) 衛星通信 / 偏波多重 / 空間変調 / 周波数オフセット / / / /  
(英) satellite communications / polarization multiplexing / frequency offset estimation / offset range / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 449, SAT2014-55, pp. 25-30, 2015年2月.
資料番号 SAT2014-55 
発行日 2015-02-11 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2014-55

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2015-02-18 - 2015-02-19 
開催地(和) 沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Okinawaken Shichoson Jichikaikan 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite application and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2015-02-SANE-SAT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improved accuracy frequency offset estimation for a poly-polarization multiplexing system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / satellite communications  
キーワード(2)(和/英) 偏波多重 / polarization multiplexing  
キーワード(3)(和/英) 空間変調 / frequency offset estimation  
キーワード(4)(和/英) 周波数オフセット / offset range  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ウェバー ジュリアン / Julian Webber /
第1著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(研究所共通) (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 夜船 誠致 / Masanori Yofune /
第2著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(研究所共通) (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano /
第3著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(研究所共通) (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久々津 直哉 / Naoya Kukutsu /
第4著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(研究所共通) (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 智明 / Tomoaki Kumagai /
第5著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(研究所共通) (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-18 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2014-55 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2015-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会