電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-18 11:10
無人航空機におけるマルチリンク通信を想定した伝搬品質の特性 ~ 災害救援向けメッセージ蓄積中継システム構築のために ~
木場 俊本間寛明山崎浩輔樫木勘四郎渡辺伸吾KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2011 年に発生した東日本大震災では,地震や津波被害などから,通信回線の確保が困難なエリア(孤立地域)が多数発生し,安否確認や避難所の状況確認に大きな支障をきたした.筆者らが開発している無人航空機(UA: Unmanned Aircraft)を用いたメッセージ蓄積中継システムでは,メッセージを搭載したUA が物理的に孤立地域にまで飛行するため,地上での被災状況に影響を受けず,早期の通信路回復が可能である.高速飛行するUA と地上の孤立地域間ではRSSI 等の伝搬路の品質が大きく変動するため,その間での安定した通信路の確保が課題となる.そこで筆者らは,マルチリンク通信による二重化を行い,通信性能の安定化を行うことを検討している.本稿では,地上で行われる通信を上空のUA で受信のみを行うことにより,間接的に,UA と地上の通信装置間のマルチリンク通信の伝搬特性について述べる.具体的には,Wi-Fi の2.4GHz と5.6GHz の伝搬特性を実フィールドで計測したところ,両リンクが同時に劣化する現象は見られず,マルチリンク通信が有効であるとの見通しを得た. 
(英) In the Great East Japan Earthquake, safety confirmations were so hard because many areas where disconnection of communication networks occurred (isolated areas). For quick recovery of safety communications in isolated areas, we are developing message storage and transporting system using unmanned aircraft (UA) for disaster areas. In such system, the UA has function to pick up the messages (ex. e-mail) in isolated areas and return them to non-isolated areas. Therefore, this system has the merit to establish the communications quickly without influence of damage on the ground. For such system, it is not easy to ensure stable communications because propagation path status between UA and ground equipment changes drastically. Hence, we consider multi-link communication so as to suppress the quality degradation of safety communication. Herein, we show propagation characteristics for multi-link communication between UA and ground equipment. Specifically, we measured radio propagation for two links used in Wi-Fi system (i.e. 2.4 GHz and 5.6 GHz) at the same time. In the measurements, UA equipped with the receiver just receives the Wi-Fi frames transmitted between Wi-Fi devices deployed on the ground. It is considered from the field test that simultaneous degradation are not observed. Therefore, it is concluded that we will obtain the possibility of performance improvement by means of multi-link scheme.
キーワード (和) UA / 災害救援 / Wi-Fi / マルチリンク通信 / / / /  
(英) UA / Disaster / Wi-Fi / Multi-link communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 449, SAT2014-54, pp. 19-24, 2015年2月.
資料番号 SAT2014-54 
発行日 2015-02-11 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2015-02-18 - 2015-02-19 
開催地(和) 沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Okinawaken Shichoson Jichikaikan 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite application and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2015-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無人航空機におけるマルチリンク通信を想定した伝搬品質の特性 
サブタイトル(和) 災害救援向けメッセージ蓄積中継システム構築のために 
タイトル(英) Radio Propagation Measurement for Multi-Link Communication on Message Storage and Transporting System using UA between Disaster Areas 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) UA / UA  
キーワード(2)(和/英) 災害救援 / Disaster  
キーワード(3)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(4)(和/英) マルチリンク通信 / Multi-link communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木場 俊 / Shun Koba / コバ シュン
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 寛明 / Hiroaki Homma / ホンマ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩輔 / Kosuke Yamazaki / ヤマザキ コウスケ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 伸吾 / Shingo Watanabe / ワタナベ シンゴ
第5著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-18 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2014-54 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2015-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会