お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-02-05 16:35
カーボンナノチューブ薄膜への電界集中効果によるOLEDのキャリア注入増強
山田竜也岸本 茂大野雄高名大ED2014-144 SDM2014-153 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-144 SDM2014-153
抄録 (和) 有機発光ダイオード(OLED)の透明電極としてカーボンナノチューブ(CNT)薄膜を用い、CNTへの電界集中効果を利用することで、キャリア注入効率を向上させることを提案する。デバイスシミュレーションから電界集中効果の検証を行い、キャリア注入効率の向上の可能性を見出した。さらに、ネットワーク状のCNT薄膜を電極としたOLEDを試作し、強い発光を確認した。 
(英) We propose an enhancement of carrier injection to OLED by using carbon-nanotube (CNT) thin film as transparent electrode of OLED and utilizing field concentration to CNTs. The possibility of carrier injection enhancement has been revealed, based on device simulation. We have also fabricated OLEDs with a network-like CNT thin-film electrode, from which a strong light emission have been observed.
キーワード (和) カーボンナノチューブ / 透明電極 / OLED / 電界集中 / キャリア注入 / デバイスシミュレーション / /  
(英) Carbon Nanotube / Transparent Electrode / OLED / Field Concentration / Carrier Injection / Device Simulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 442, ED2014-144, pp. 33-38, 2015年2月.
資料番号 ED2014-144 
発行日 2015-01-29 (ED, SDM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2014-144 SDM2014-153 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-144 SDM2014-153

研究会情報
研究会 SDM ED  
開催期間 2015-02-05 - 2015-02-06 
開催地(和) 北海道大学(百年記念会館) 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 機能ナノデバイスおよび関連技術 
テーマ(英) Functional nanodevices and related technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2015-02-SDM-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カーボンナノチューブ薄膜への電界集中効果によるOLEDのキャリア注入増強 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhancement of carrier injection in OLEDs by field concentration to carbon nanotube thin film 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カーボンナノチューブ / Carbon Nanotube  
キーワード(2)(和/英) 透明電極 / Transparent Electrode  
キーワード(3)(和/英) OLED / OLED  
キーワード(4)(和/英) 電界集中 / Field Concentration  
キーワード(5)(和/英) キャリア注入 / Carrier Injection  
キーワード(6)(和/英) デバイスシミュレーション / Device Simulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 竜也 / Tatsuya Yamada / ヤマダ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸本 茂 / Shigeru Kishimoto / キシモト シゲル
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 雄高 / Yutaka Ohno / オオノ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-02-05 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2014-144,IEICE-SDM2014-153 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.442(ED), no.443(SDM) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2015-01-29,IEICE-SDM-2015-01-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会