お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-31 14:55
スピードスケート滑走における滑走速度の特徴に基づく内省支援の試み
高橋 佑香山瑞恵橋本昌巳信州大)・二上貴夫東陽テクニカ)・結城匡啓信州大ET2014-81
抄録 (和) 本研究の目的は,スピードスケート動作の可視化による滑走支援環境の探究にある.ここでは,滑走速度の時系列変化に着目し,体重あたりの仕事率について述べる.この特徴量からは,ストレートやカーブといった滑走動作の違いにおける差異だけでなく,個人差や左右差が確認できた.滑走速度と合わせてこの情報量を可視化し,被験者にフィードバックすることで,自らの滑走に対する内省支援を試みた. 
(英) This research aims to develop the visualization aided speed skating performance improvement. Here in this paper focuses on the skating speed fluctuation in chronological order. Especially series of characteristic values derived from skating speed is discussed. This identifies individual skater and his/her laterality as well as skating pattern in straight and curve. Also, high correlation between this characteristic value and race performance of sprint speed skating is observed. This paper describes one visual approach to help skater’s self-reflection instead of analytic numbers which is usually hard to understand for athletes.
キーワード (和) スピードスケート / 内省支援 / 滑走速度 / 特徴量 / / / /  
(英) Speed Skating / Self-reflection / Skating Speed / Characteristic Value / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 441, ET2014-81, pp. 51-56, 2015年1月.
資料番号 ET2014-81 
発行日 2015-01-24 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2014-81

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-01-31 - 2015-01-31 
開催地(和) 目白大学 
開催地(英) Mejiro Univ. 
テーマ(和) スキル教育/一般 
テーマ(英) Skill Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-01-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スピードスケート滑走における滑走速度の特徴に基づく内省支援の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experiment of Supporting Self Reflection based on the Visualization of Characteristics of Velocity in the Speed Skating 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スピードスケート / Speed Skating  
キーワード(2)(和/英) 内省支援 / Self-reflection  
キーワード(3)(和/英) 滑走速度 / Skating Speed  
キーワード(4)(和/英) 特徴量 / Characteristic Value  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 佑 / Yu Takahashi / タカハシ ユウ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 香山 瑞恵 / Mizue Kayama / カヤマ ミズエ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌巳 / Masami Hashimoto / ハシモト マサミ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 二上 貴夫 / Takao Futagami / フタガミ タカオ
第4著者 所属(和/英) 株式会社東陽テクニカ (略称: 東陽テクニカ)
Toyo Corporation (略称: Toyo Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 結城 匡啓 / Masahiro Yuki / ユウキ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-31 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-81 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会