お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-31 13:25
視線行動を用いた対話型学習環境における学習者習熟度 ~ 対話型環境の構築と対話分解能 ~
坪倉篤志日本文理大/九工大)・松原伸人SRA)・林 敏浩香川大)・西野和典九工大ET2014-78
抄録 (和) 対話型学習環境における学習者の視線行動や操作行動を用いた学習者支援に取り組んでいる.対話型学習環境では,学習者が習熟するにつれて学習者行動特性が変化する.本研究ではこれら変化から,学習者習熟度の検出と学習者支援を行うことを目的としている.今回,一連の研究に向けた対話型環境を構築し対話可能な分解能について評価を行った.本稿では,一連の研究設計に加えて,今回構築システムと評価結果について報告する. 
(英) In this research, Learners supporting system using eye movement at the Interactive learning environment. The learner's behavioral characteristic change by skill and knowledge learning. So in this research, we want to grasp the learner's status using eye movement and other operating action. In this paper, we report the interactive game system and the resolving power.
キーワード (和) 視線行動 / 学習者状態把握 / 対話型環境 / 相互評価 / / / /  
(英) Eye Movement / Learning process / Interactive Learning Environment / Peer Review / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 441, ET2014-78, pp. 33-38, 2015年1月.
資料番号 ET2014-78 
発行日 2015-01-24 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2014-78

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-01-31 - 2015-01-31 
開催地(和) 目白大学 
開催地(英) Mejiro Univ. 
テーマ(和) スキル教育/一般 
テーマ(英) Skill Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-01-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線行動を用いた対話型学習環境における学習者習熟度 
サブタイトル(和) 対話型環境の構築と対話分解能 
タイトル(英) Grasp about masterly process using Eye movement at Interactive Learning Environment 
サブタイトル(英) Construction about interactive environment and resolving power 
キーワード(1)(和/英) 視線行動 / Eye Movement  
キーワード(2)(和/英) 学習者状態把握 / Learning process  
キーワード(3)(和/英) 対話型環境 / Interactive Learning Environment  
キーワード(4)(和/英) 相互評価 / Peer Review  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪倉 篤志 / Atsushi Tsubokura / ツボクラ アツシ
第1著者 所属(和/英) 日本文理大学/九州工業大学 (略称: 日本文理大/九工大)
Nippon Bunri University//Kyushu Institute of Technology (略称: NBU/KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 伸人 / Nobuto Matsubara / マツバラ ノブト
第2著者 所属(和/英) 株式会社SRA (略称: SRA)
SRA Key Technology Laboratory (略称: SRA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 和典 / Kazunori Nishino / ニシノ カズノリ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-31 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-78 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会