電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-31 16:10
視覚的効果とジェスチャ認識を取り入れたインタラクティブデジタルサイネージ
光原弘幸眞鍋圭人獅々堀正幹徳島大ET2014-84
抄録 (和) 本研究では,インタラクティブなデジタルサイネージとして,Interactive Niche-Learning(INL)システムを開発してきた.INLシステムは,Kinectセンサを導入することにより,視聴者をクイズ教材に合成表示するとともに,視聴者の立ち位置でクイズに解答することを可能にしている.INLシステムを防災学習に適用する中で,Kinectセンサの特長を活かしたインタラクティブ化が課題として挙げられた.そこで,(1)視聴者がクイズに集中して解答できるようにするために,クイズ正解視聴者を視覚的効果で称賛するとともに,(2)動作や行動を伴う防災学習を実現するために,ジェスチャ認識によりクイズの正誤判定をする機能を実装した.防災教育施設での試用実験において簡易的なアンケート調査を実施し,視覚的効果の有効性を検証した. 
(英) In this study, the authors developed the Interactive Niche-Learning (INL) System as an interactive digital signage. The INL system, which uses the Kinect, superimposes viewers on a digital slide-based quiz and enables them to answer the quiz by changing their place on the superimposed image. Through practical use of the system in disaster prevention learning, the authors had an idea that the system should be more interactive by taking the Kinect’s advantages so that the viewers can learn disaster prevention (i.e. answer the quizzes) physically with their actions and concentrate more on disaster prevention learning. To realize the idea, the authors extended the INL system by implementing two functions. The extended INL system praises the viewers who answer a quiz correctly by means of visual effects and enables them to answer quizzes with gesture. In practical use of the extended INL system, the authors conducted a simple questionnaire survey.
キーワード (和) デジタルサイネージ / クイズ教材 / 視覚的効果 / ジェスチャ認識 / Kinect / 防災学習 / /  
(英) Digital Signage / Digital Slide-based Quiz / Visual Effects / Gesture Recognition / Kinect / Disaster Prevention Learning / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 441, ET2014-84, pp. 69-74, 2015年1月.
資料番号 ET2014-84 
発行日 2015-01-24 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2014-84

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2015-01-31 - 2015-01-31 
開催地(和) 目白大学 
開催地(英) Mejiro Univ. 
テーマ(和) スキル教育/一般 
テーマ(英) Skill Learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2015-01-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚的効果とジェスチャ認識を取り入れたインタラクティブデジタルサイネージ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interactive Digital Signage Introducing Visual Effect and Gesture Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルサイネージ / Digital Signage  
キーワード(2)(和/英) クイズ教材 / Digital Slide-based Quiz  
キーワード(3)(和/英) 視覚的効果 / Visual Effects  
キーワード(4)(和/英) ジェスチャ認識 / Gesture Recognition  
キーワード(5)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(6)(和/英) 防災学習 / Disaster Prevention Learning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 光原 弘幸 / Hiroyuki Mitsuhara / ミツハラ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞鍋 圭人 / Keito Manabe / マナベ ケイト
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 獅々堀 正幹 / Masami Shishibori / シシボリ マサミ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-31 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-84 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2015-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会