お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 10:55
進行波型電極と分極反転構造を用いたプリイコライジング高速電気光学変調器
三坪孝之村田博司岡村康行阪大PN2014-68 OPE2014-193 LQE2014-180 EST2014-122 MWP2014-90 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2014-193 LQE2014-180 EST2014-122 MWP2014-90
抄録 (和) 我々は,進行波型電極と分極反転構造を組み合わせることにより,ファイバーの分散とは逆の特性をデバイスにもたせ,ファイバー分散による波形歪みを補償するプリイコライジング電気光学変調器を提案している.このデバイスは,電気―光信号変換を行うと同時にファイバーの分散による波形歪みを補償することができ,光変調機能と分散補償機能をあわせ持つ.電気光学効果の一種であるポッケルス効果を利用するため,100GHzを超える高速動作が可能であり,超高速通信システムへの応用が期待できる.この電気光学変調器は,光波と電気信号の速度整合をとらない進行波型電極光変調の構成を用いる.この構成を用いることで,光変調器のインパルス応答は分極反転パターンと対応した相似形の実関数となる.この関係を利用し,ファイバー分散補償のためのイコライジング特性を電気光学変調器に持たせることができる.本稿では,分極反転パターンの設計にΔΣ変換を用いて,分極反転領域が50μmの細かいパターンを施したプリイコライジング電気光学変調器の設計について述べる.また,金属または誘電体板を装荷することによるプリイコライジング特性の制御,およびシミュレーション結果についても報告する. 
(英) We have proposed a pre-equalizing electro-optic (EO) modulator using traveling-wave electrodes and polarization-reversed structures for compensation for fiber dispersion effect. The proposed EO modulator can convert high-speed electrical signals to optical signals and can compensate for the signal distortion caused by fiber dispersion at the same time. It can operate in the high frequency range over 100GHz since it is based on the Pockels effect in a ferroelectric crystal. Therefore, it is applicable to ultra-high-speed communication systems. In this device, the velocity of the lightwave propagating in the optical waveguide is different from that of the modulation wave travelling along the electrode. Then the impulse response of the modulator becomes a real function similar to the polarization reversal pattern itself. By utilizing this relationship, the impulse response for the fiber dispersion effect compensation is obtainable. In this paper, the design of pre-equalizing EO modulator with polarization-reversed structures by utilizing delta-sigma transformation is reported. The control of pre-equalizing characteristics by loading a metal or dielectric plate is also reported.
キーワード (和) イコライゼーション / 電気光学変調器 / ファイバー分散 / 分極反転構造 / インパルス応答 / / /  
(英) Equalization / Electro-optic modulator / Fiber dispersion / Polarization-reversed structures / Impulse response / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 431, OPE2014-193, pp. 255-260, 2015年1月.
資料番号 OPE2014-193 
発行日 2015-01-22 (PN, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2014-68 OPE2014-193 LQE2014-180 EST2014-122 MWP2014-90 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2014-193 LQE2014-180 EST2014-122 MWP2014-90

研究会情報
研究会 EST OPE LQE EMT PN MWP IEE-EMT  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) 大阪大学 豊中キャンパスΣホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 光-無線融合NW、新周波数(波長)帯デバイス、フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2015-01-EST-OPE-LQE-EMT-PN-MWP-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 進行波型電極と分極反転構造を用いたプリイコライジング高速電気光学変調器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pre-equalizing EO Modulator Using Traveling-Wave Electrodes and Polarization-Reversed Structures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イコライゼーション / Equalization  
キーワード(2)(和/英) 電気光学変調器 / Electro-optic modulator  
キーワード(3)(和/英) ファイバー分散 / Fiber dispersion  
キーワード(4)(和/英) 分極反転構造 / Polarization-reversed structures  
キーワード(5)(和/英) インパルス応答 / Impulse response  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三坪 孝之 / Takayuki Mitsubo / ミツボ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 博司 / Hiroshi Murata / ムラタ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 康行 / Yasuyuki Okamura / オカムラ ヤスユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-PN2014-68,IEICE-OPE2014-193,IEICE-LQE2014-180,IEICE-EST2014-122,IEICE-MWP2014-90 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.430(PN), no.431(OPE), no.432(LQE), no.433(EST), no.434(MWP) 
ページ範囲 pp.255-260 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2015-01-22,IEICE-OPE-2015-01-22,IEICE-LQE-2015-01-22,IEICE-EST-2015-01-22,IEICE-MWP-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会