電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 10:40
Adaptive Subcarrier Bandwidth for 5G GFDM Transmission
Rohit DattaIssei KannoMasayuki AriyoshiATRSR2014-105
抄録 (和) Generalized frequency division multiplexing (GFDM) is a recent flexible waveform which is a candidate for future 5G communication systems. With the flexibility of pulse shaping and tail-biting cyclic prefix, GFDM has lower out of band leakage compared to traditional orthogonal frequency division multiplexing (OFDM); however, the pulse shaping technique creates non-orthogonal GFDM subcarriers. Because of orthogonal subcarriers, OFDM is highly sensitive to carrier frequency offsets and Doppler frequency spread. GFDM on the other hand, with non-orthogonal subcarriers is less sensitive to frequency synchronization errors. In this paper we investigate a novel technique of adaptive subcarrier bandwidth which makes GFDM even more robust to carrier frequency offsets and Doppler frequency spread. We study the effect of flexible subcarrier bandwidth on bit error rates for GFDM, and we try to mitigate that with an inter-carrier interference canceller, that not only cancels the increased inter-carrier interference (ICI) from adaptive subcarrier bandwidth, but also the self-generated ICI due to pulse shaping. 
(英) Generalized frequency division multiplexing (GFDM) is a recent flexible waveform which is a candidate for future 5G communication systems. With the flexibility of pulse shaping and tail-biting cyclic prefix, GFDM has lower out of band leakage compared to traditional orthogonal frequency division multiplexing (OFDM); however, the pulse shaping technique creates non-orthogonal GFDM subcarriers. Because of orthogonal subcarriers, OFDM is highly sensitive to carrier frequency offsets and Doppler frequency spread. GFDM on the other hand, with non-orthogonal subcarriers is less sensitive to frequency synchronization errors. In this paper we investigate a novel technique of adaptive subcarrier bandwidth which makes GFDM even more robust to carrier frequency offsets and Doppler frequency spread. We study the effect of flexible subcarrier bandwidth on bit error rates for GFDM, and we try to mitigate that with an inter-carrier interference canceller, that not only cancels the increased inter-carrier interference (ICI) from adaptive subcarrier bandwidth, but also the self-generated ICI due to pulse shaping.
キーワード (和) 5G / GFDM / Adaptive Subcarrier Bandwidth / Flexible PHY / / / /  
(英) 5G / GFDM / Adaptive Subcarrier Bandwidth / Flexible PHY / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 435, SR2014-105, pp. 69-73, 2015年1月.
資料番号 SR2014-105 
発行日 2015-01-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-105

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) KKR はこだて 
開催地(英) KKR Hakodate 
テーマ(和) コグニティブ無線ネットワーク,異種無線融合型ネットワーク, クロスレイヤ無線技術,SDN,一般 
テーマ(英) Cognitive Radio Network, Heterogeneous Network, Cross-layer Radio Technologies, SDN (Software Defined Network), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-01-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Subcarrier Bandwidth for 5G GFDM Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) GFDM / GFDM  
キーワード(3)(和/英) Adaptive Subcarrier Bandwidth / Adaptive Subcarrier Bandwidth  
キーワード(4)(和/英) Flexible PHY / Flexible PHY  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Rohit Datta / Rohit Datta /
第1著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Issei Kanno / Issei Kanno /
第2著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Masayuki Ariyoshi / Masayuki Ariyoshi /
第3著者 所属(和/英) Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-105 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.435 
ページ範囲 pp.69-73 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SR-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会