電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 17:00
[ポスター講演]想起特性を考慮した対話的ラベリング手法の基礎検討
有賀玲子永徳真一郎佐藤 妙定方 徹田中智博NTTHCS2014-99
抄録 (和) 我々は,より有用なセンサデータ収集を目的に,センサデータに変化が生じた際に,変化の意味をユ ーザに対話的に問い合わせる,インタラクティブセンシングシステムを提案する.実際の生活においてユーザは, 問い合わせ対象の変化が生じてしばらくしてから問い合わせを受ける可能性があるため,問い合わせ対象の状況を ユーザが正しく想起できるようにシステムを設計する必要がある.本稿では,想起に関する被験者実験を行い,ユ ーザからの回答の正答率が高くなるような問い合わせ文を構築するための要件を抽出した. 
(英) We suggest Interactive Sensing System (ISS) which sends interactive inquiries to the user about the meaning of the change of data when it occurs for the sake of more useful data collection. In everyday life, it is possible that the user notices the inquiry a little while after the queried data change occurred. For this reason, the ISS should be designed so that the user can recall the situation that the queried data occurs. In this paper, we report the result of the experiment on human recall property which is performed to extract requirements for the system which constructs query easy to answer.
キーワード (和) センサ / ラベリング / インタラクション / エージェント / / / /  
(英) sensor / labeling / interaction / agent / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 440, HCS2014-99, pp. 149-154, 2015年1月.
資料番号 HCS2014-99 
発行日 2015-01-23 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-99

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2015-01-30 - 2015-01-31 
開催地(和) ベイリゾート小豆島(香川県) 
開催地(英) Bay Resort Hotel Shodoshima (Shodoshima, Kagaewa Pref.) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2015-01-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 想起特性を考慮した対話的ラベリング手法の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study on Interactive Labeling Method based on Retrieval Property 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサ / sensor  
キーワード(2)(和/英) ラベリング / labeling  
キーワード(3)(和/英) インタラクション / interaction  
キーワード(4)(和/英) エージェント / agent  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有賀 玲子 / Reiko Aruga / アルガ レイコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph And Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永徳 真一郎 / Shin-ichiro Eitoku / エイトク シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph And Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 妙 / Tae Sato / サトウ タエ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph And Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 定方 徹 / Toru Sadakata / サダカタ トオル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph And Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 智博 / Tomohiro Tanaka / タナカ トモヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph And Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 17:00:00 
発表時間 105 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-99 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2015-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会