電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 13:50
Duty Cycle推定に適したWelch FFTのセグメントサイズ選択法
岩田大輝梅林健太ティーロ サムリ東京農工大)・Janne LehtomakiUniv. of Oulu)・鈴木康夫東京農工大SR2014-110
抄録 (和) 時間軸からのdynamic spectrum access (DSA) において, 既存ユーザ(primary user: PU) の周波数利用状況がダイナミックに変動する場合, PU が占有している未使用周波数(White Space: WS) を検出するために低コストで高精度かつ高速なスペクトルセンシング技術を実現することは容易でない. この問題を解決する1 つのアプローチとして, PU の周波数利用に関する統計情報をスペクトルセンシングに利用することが検討されている. しかし, このアプローチでは, 前もってDuty Cycle (DC) のような周波数利用統計情報を取得しておかなければならない. 本稿では, 周波数利用統計情報を取得する周波数利用観測システムの開発に焦点を当てる. 従来研究として, 高精度DC を推定するためにWelch FFT を用いたDC 推定法が提案されている. Welch FFT のセグメントサイズは, DC 推定精度と周波数分解能に因るWS の推定精度間にトレードオフをもたらすため, 両推定精度に関して最適なセグメントサイズを選択する必要がある. 本稿では, 最適なセグメントサイズが周波数軸上の信号対雑音電力比(SNRfreq) に依存することを示し, フェージング等によりSNRfreq が変動する環境において, SNRfreqの変動に適応するセグメントサイズの選択法を提案する. 計算機シミュレーションより, 提案手法が任意のDC 推定精度を保ちつつ, 高いWS の推定精度を達成することを示す. 
(英) In dynamic spectrum access (DSA) and the scenario with dynamic primary user (PU), spectrum sensing with reasonably low cost is very challenging due to the required detection accuracy and quickness which is used to detect the unused spectrum (White Space : WS) owned by PU. One possible approach to achieve the requirements is to use statistics regarding PU spectrum utilization in spectrum sensing. For this issue, it is necessary to develop a system for obtaining the statistical information, such as Duty Cycle (DC). In our previous work, DC estimation based on Welch FFT has been investigated. The DC estimation method requires the optimum segment size selection method for both estimation accuracy because there is a trade-off relationship between DC estimation accuracy and WS estimation accuracy with regard to the segment size of Welch FFT. In this paper, we show the optimum segment size depends on the signal-to-noise power ratio in frequency domain (SNRfreq). After that, in the environment where SNRfreq varies due to fading etc., we propose a segment size selection method which can adapt to the fluctuation of SNRfreq. In numerical simulation, we show that our proposed method achieve high WS estimation accuracy while any DC estimation accuracy.
キーワード (和) ダイナミックスペクトルアクセス / 周波数観測 / Duty Cycle / Welch FFT / / / /  
(英) Dynamic spectrum access / Spectrum measurement / Duty Cycle / Welch FFT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 435, SR2014-110, pp. 101-108, 2015年1月.
資料番号 SR2014-110 
発行日 2015-01-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-110

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) KKR はこだて 
開催地(英) KKR Hakodate 
テーマ(和) コグニティブ無線ネットワーク,異種無線融合型ネットワーク, クロスレイヤ無線技術,SDN,一般 
テーマ(英) Cognitive Radio Network, Heterogeneous Network, Cross-layer Radio Technologies, SDN (Software Defined Network), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2015-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Duty Cycle推定に適したWelch FFTのセグメントサイズ選択法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Welch FFT segment size selection method for Duty Cycle estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトルアクセス / Dynamic spectrum access  
キーワード(2)(和/英) 周波数観測 / Spectrum measurement  
キーワード(3)(和/英) Duty Cycle / Duty Cycle  
キーワード(4)(和/英) Welch FFT / Welch FFT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 大輝 / Hiroki Iwata / イワタ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ティーロ サムリ / Samuli Tiiro / ティーロ サムリ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Janne Lehtomaki / Janne Lehtomaki / Janne Lehtomaki
第4著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: Univ. of Oulu)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康夫 / Yasuo Suzuki / スズキ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-110 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.435 
ページ範囲 pp.101-108 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会