電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 15:55
PLC命令列のハードウェア化とOpaque Predicatesによる難読化の検討
宇山和輝藤枝直輝市川周一豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 知的所有権保護のため,プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の命令列を保護・隠蔽する技術が求められている.命令列のハードウェア化による保護が試みられているが,難読化手法の適用により制御回路の解析・改ざんは更に困難になる.本研究では,PLC命令列のハードウェア化にOpaque Predicatesを適用する方法を検討する.小規模な2種類のPLC命令列に本手法を適用した結果,演算器等の回路追加に伴って,論理規模とFan-out数の増加が確認されたが,動作周波数への影響は軽微であった. 
(英) Tamper-proofing technology for instruction sequences of programmable logic controllers(PLCs)is required to protect trade secrets in them. Converting them to logic control circuits is an attractive solution. The circuits can be even more difficult to be analyzed with obfuscation techniques at the conversion. This study presents a method for employing an obfuscation technique, called opaque predicates, in the process of converting PLC instructions to logic circuits. According to the results of our preliminary evaluation, the logic scale and the total fan-outs were increased as a result of the addition of arithmetic cores and peripheral circuits.
キーワード (和) プログラマブルロジックコントローラ(PLC) / 難読化 / FPGA / / / / /  
(英) Programmable Logic Controller(PLC) / Obfuscation / FPGA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 428, RECONF2014-81, pp. 221-226, 2015年1月.
資料番号 RECONF2014-81 
発行日 2015-01-22 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF CPSY VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2015-01-RECONF-CPSY-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PLC命令列のハードウェア化とOpaque Predicatesによる難読化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Obfuscated Hardware Implementation of PLC Instructions with Opaque Predicates 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラマブルロジックコントローラ(PLC) / Programmable Logic Controller(PLC)  
キーワード(2)(和/英) 難読化 / Obfuscation  
キーワード(3)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇山 和輝 / Kazuki Uyama / ウヤマ カズキ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤枝 直輝 / Naoki Fujieda / フジエダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 周一 / Shuichi Ichikawa / イチカワ シュウイチ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 15:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2014-148,IEICE-CPSY2014-157,IEICE-RECONF2014-81 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.426(VLD), no.427(CPSY), no.428(RECONF) 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2015-01-22,IEICE-CPSY-2015-01-22,IEICE-RECONF-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会