電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 16:10
格子条件下でのランダム符号化誤り確率の漸近展開について
本多淳也東大IT2014-61
抄録 (和) 通信路符号化におけるランダム符号の復号誤り率は符号長に対して指数関数的に減衰し,その指数部はランダム符号化誤り指数として具体的に求められる.ここで漸近展開の手法を用いると,その指数関数の係数部も漸近的に比が一致する形で求めることができる.一方で高次の漸近展開では,考える確率変数が格子点上に分布している場合には展開形が複雑になる.本稿では通信路がこの格子条件を満たす場合の漸近展開について考察する. 
(英) We consider exact asymptotics of random coding error probability of memoryless channels. We can derive an evaluation of random coding error probability with a vanishing relative gap by applying asymptotic expansion twice to the argument of error exponent. Generally an asymptotic expansion of empirical means of random variables requires to consider two cases that each random variable is distributed on lattice points or not separately and the form of expansion becomes a little complicated for the former case. In particular, the former case makes the analysis much complicated for the first asymptotic expansion involving error probability of each codeword since we cannot ignore the case that likelihoods of the sent codeword and other codewords become the same in this case. In this paper we consider this lattice case in the first asymptotic expansion and derive a tight bound on the random coding error probability for this case.
キーワード (和) 通信路符号化 / ランダム符号 / 誤り指数 / 漸近展開 / / / /  
(英) channel coding / random codes / error exponent / asymptotic expansion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 438, IT2014-61, pp. 41-46, 2015年1月.
資料番号 IT2014-61 
発行日 2015-01-23 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2014-61

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2015-01-30 - 2015-01-30 
開催地(和) 千葉県 柏の葉 東京大学フューチャーセンター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(東京大学新領域創成科学研究科山本博資研究室と共催) 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2015-01-IT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 格子条件下でのランダム符号化誤り確率の漸近展開について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Asymptotic Expansion of Random Coding Error Probability under Lattice Condition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信路符号化 / channel coding  
キーワード(2)(和/英) ランダム符号 / random codes  
キーワード(3)(和/英) 誤り指数 / error exponent  
キーワード(4)(和/英) 漸近展開 / asymptotic expansion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 淳也 / Junya Honda / ホンダ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2014-61 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.438 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2015-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会