電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 14:20
2階層Supervisor Processorにおける信頼性管理機能
山本大貴久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コンピュータシステムは携帯電話やテレビなど民生機器だけでなく,電車や医療機器など様々な産業機器に用いられている. 産業機器の中でも宇宙機器や人命に関わるシステムでは特に高い信頼性が求められる. システムの信頼性を向上させる手法としてSVP(SuperVisor Processor)が挙げられる.SVP は自己診断・修復機能を制御することでシステムの信頼性を保証する. しかし,SVP 自身に故障が発生すると,システムの管理が不可能となり継続動作が困難となる.そこで,SVP の機能をSys-SVP(System level SVP)とHw-SVP(Hardware level SVP)の2 階層に分割することで信頼性を向上させる. Sys-SVP は従来のSVP と同様にプロセッサコアの一部を使用することでシステム全体の管理・補助を行う. Hw-SVP には最も高い信頼性を持つモジュールとして実装し,Sys-SVP のテストや管理・復旧補助を行う. これにより,Hw-SVP は高い信頼性を持つため故障しにくく,Sys-SVP に故障が発生してもHw-SVP により復旧させることが可能となり,SVP によるシステムの高い信頼性を保証することができる. 本稿では,2 階層SVP において信頼性を保証するための通信手法について検討を行う.そして,設計したHw-SVP とPC 上に擬似的に実装したSys-SVP との間で通信テストを行った. テスト結果から設計したHw-SVP は正しく動作することを確認した. 
(英) Computer systems are not only used in consumer electronics such as mobile phones and televisions but various industrial equipment such as a traffic control systems and medical devices.Space equipments and system which affecting human lives are required particularly high reliability.SVP (SuperVisor Processor) is a system for improving the reliability of the System.SVP guarantees the reliability of the system by the self-diagnosis and repair function.However, when the SVP fails, it cannot manage the system and becomes difficult to continuously operate the system.Therefore, we devide SVP function into 2-layered, Sys-SVP (System level SVP) and Hw-SVP (Hardware level SVP) to improve reliability.Sys-SVP is implemented in a part of processor core. and it manages and auxiliaries the entire system.Hw-SVP is implemented as a module with the highest reliability, and it tests, manages and recoveries the Sys-SVP.Hw-SVP is dependable due to its high reliability, and if failure occurs in Sys-SVP, Hw-SVP can recover it.In this way, SVP ensures high reliability to the system.In this paper, we consider the communication method to ensure reliability in the two-layered SVP.Then, we make a communication test between implemented Hw-SVP and pseudo Sys-SVP which is implemented on the PC.We confirm Hw-SVP working correctly from the test results.
キーワード (和) FPGA / Reliability / Supervisor Processor / / / / /  
(英) FPGA / Reliability / Supervisor Processor / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 427, CPSY2014-153, pp. 199-204, 2015年1月.
資料番号 CPSY2014-153 
発行日 2015-01-22 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF CPSY VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2015-01-RECONF-CPSY-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2階層Supervisor Processorにおける信頼性管理機能 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliability Management in 2-layered Supervisor Processor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(2)(和/英) Reliability / Reliability  
キーワード(3)(和/英) Supervisor Processor / Supervisor Processor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 大貴 / Daiki Yamamoto / ヤマモト ダイキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / イイダ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2014-144,IEICE-CPSY2014-153,IEICE-RECONF2014-77 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.426(VLD), no.427(CPSY), no.428(RECONF) 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2015-01-22,IEICE-CPSY-2015-01-22,IEICE-RECONF-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会