電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-29 13:15
FIST法を用いたWet paper符号による埋め込み手法の提案
山本隆博川村正樹山口大EMM2014-74
抄録 (和) Wet paper符号にスパース推定を用いて電子透かしを埋め込む手法を提案する.
透かし情報はWet paper符号を用いてDWT係数に埋め込まれる.
Wet paper符号の利点は,埋め込みにより変更された係数の位置を復号時に必要としないことである.
この利点により,攻撃者は埋め込みに使用された係数に攻撃できない.
しかしながら,Wet paper符号では,埋め込み時に未知変数の個数が方程式の個数よりも多い連立方程式を解く必要がある.
従来のガウスの消去法を用いる方法では,選択規則により変更する変数を決定し,
未知変数の個数を方程式の個数以下にする.
しかしながら,選択規則は公開されると,Wet paper符号の利点を損なう.
そこで,本研究では,Wet paper符号にスパース推定法を用いる.
スパース推定法を用いることで,選択規則なしに連立方程式の解を求めることができる.
スパース推定法として圧縮センシングで用いられるFIST法を用いる.
FIST法は収束が速いので,スパースな解を素早く得ることができる.
また,電子透かし手法はJPEG圧縮とクリッピングに対するロバストさを要求される.
JPEG圧縮耐性のために,3階DWT後のLH成分に埋め込む.
また,クリッピング耐性のために,原画像をブロックに分割して,同期符号と透かし情報をブロックに埋め込む.
その結果,JPEG圧縮とクリッピング後でも提案手法は少ない誤りで透かし情報を抽出できた. 
(英) We propose an embedding method by using wet paper code (WPC) with FIST
method.
The watermark is embedded into DWT coefficients by the WPC.
The WPC has the advantage such that no one needs to know
embedded positions during decoding.
This advantage prevents attackers from detecting these positions.
However, in encoding, the WPC needs to solve system of equations
in which number of unknown variables is more than number of equations.
In order to use existing methods using Gaussian elimination,
the number of variables must be reduced to less than the
number of equations by the selection rule.
Once the selection rule is disclosed, this advantage of the WPC
could be lost.
We, therefore, introduce sparse estimation for the WPC.
The sparse estimation can solve the system of equations without the
selection rule.
The FIST method is one of sparse estimation methods.
The FIST method can find sparse solution quickly.
Digital watermarking methods are required robustness for JPEG
compression and cropping.
In our method, the watermarks are embedded into LH subband
coefficients of 3 level DWT domain against JPEG compression.
Against cropping, original image is divided into blocks and then
both the watermarks and the synchronization code are embedded
into the one block.
As a result, after JPEG compression and cropping, proposed method can
achieved low bit error rate in estimation of the watermarks.
キーワード (和) 電子透かし / Wet Paper符号 / スパース推定 / FIST法 / 圧縮センシング / 離散ウェーブレット変換 / /  
(英) digital watermarking / wet paper code / sparse estimation / FIST method / compressive sensing / discrete wavelet transform / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 424, EMM2014-74, pp. 45-50, 2015年1月.
資料番号 EMM2014-74 
発行日 2015-01-21 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2014-74

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2015-01-28 - 2015-01-29 
開催地(和) 東北大学工学研究科(青葉山キャンパス内) 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメント,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2015-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FIST法を用いたWet paper符号による埋め込み手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Embedding Method by using Wet Paper Code with FIST Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / digital watermarking  
キーワード(2)(和/英) Wet Paper符号 / wet paper code  
キーワード(3)(和/英) スパース推定 / sparse estimation  
キーワード(4)(和/英) FIST法 / FIST method  
キーワード(5)(和/英) 圧縮センシング / compressive sensing  
キーワード(6)(和/英) 離散ウェーブレット変換 / discrete wavelet transform  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 隆博 / Takahiro Yamamoto / ヤマモト タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 正樹 / Masaki Kawamura / カワムラ マサキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-29 13:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2014-74 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2015-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会