電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-29 17:40
電源電圧としきい値電圧の同時最適化が集積回路の消費エネルギーに与える影響の解析
竹下俊宏西澤真一Islam AKM Mahfuzul石原 亨小野寺秀俊京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) トランジスタの電源電圧としきい値電圧をアプリケーションやチップの動作状況に応じて適切に設定することにより,集積回路の消費エネルギーを大幅に削減できることが過去の研究で報告されている.しかし,チップのエネルギー効率を維持したまま必要とする電源電圧としきい値電圧の種類を削減するための方策や,より少ない種類の電源電圧としきい値電圧を用いて効果的にチップのエネルギー消費を削減するための指針を示した研究は前例が少ない.本稿では,より少ない種類の電源電圧としきい値電圧を用いてチップのエネルギー消費を効果的に削減する上で鍵となるいくつかの興味深い性質を明かにする.また,上記性質の根拠を解析的に説明するとともに,商用28nmプロセスを使った回路シミュレーションにより検証する. 
(英) Simultaneous supply and threshold voltage tuning has a strong impact on the energy reduction of LSI circuits. Therefore, techniques for optimizing the supply and threshold voltages simultaneously under a specific delay constraint of LSI circuits are widely investigated over the past 15 years. However, only a few previous work investigate techniques for effectively reducing the energy consumption of circuits with a small number of different supply and threshold voltages. In this paper, we present several interesting properties which are very useful for reducing the energy consumption of circuits with a small number of different supply and threshold voltages. Those properties are numerically explained using analytical delay and energy consumption models. Through circuit simulation using a commercial 28nm process technology model, we demonstrate that the properties presented in this paper hold for actual LSI circuits.
キーワード (和) 集積回路 / 低消費エネルギー / 電源電圧操作 / しきい値電圧操作 / 稼働率 / / /  
(英) LSI Circuits / Low Energy Consumption / Supply Voltage / Threshold Voltage / Activity Factor / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 426, VLD2014-129, pp. 111-116, 2015年1月.
資料番号 VLD2014-129 
発行日 2015-01-22 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RECONF CPSY VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2015-01-RECONF-CPSY-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電源電圧としきい値電圧の同時最適化が集積回路の消費エネルギーに与える影響の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analyzing the Impacts of Simultaneous Supply and Threshold Voltage Tuning on Energy Dissipation in VLSI Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集積回路 / LSI Circuits  
キーワード(2)(和/英) 低消費エネルギー / Low Energy Consumption  
キーワード(3)(和/英) 電源電圧操作 / Supply Voltage  
キーワード(4)(和/英) しきい値電圧操作 / Threshold Voltage  
キーワード(5)(和/英) 稼働率 / Activity Factor  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 俊宏 / Toshihiro Takeshita / タケシタ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西澤 真一 / Shinichi Nishizawa / ニシザワ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Islam AKM Mahfuzul / AKM Mahfuzul Islam / Islam AKM Mahfuzul
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 亨 / Tohru Ishihara / イシハラ トオル
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 秀俊 / Hidetoshi Onodera / オノデラ ヒデトシ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-29 17:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2014-129,IEICE-CPSY2014-138,IEICE-RECONF2014-62 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.426(VLD), no.427(CPSY), no.428(RECONF) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2015-01-22,IEICE-CPSY-2015-01-22,IEICE-RECONF-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会