お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-26 10:25
カオスニューラルネットワークを用いた無線センサネットワークにおけるバッテリ残量を考慮したフラッディング手法
佐藤瞭平中野秀洋宮内 新東京都市大NLP2014-114
抄録 (和) 本稿では,無線センサネットワークにおける効率的なフラッディング手法について考える.
我々が過去に提案しているカオスニューラルネットワークを用いた手法を基として,個々の無線センサノードのバッテリー残量を考慮した手法の改良を行う.
数値実験を行い,提案手法の有効性を確認する. 
(英) In this paper, efficient ooding schemes in wireless sensor networks are considered.
Based on our previous scheme using chaotic neural networks, the scheme is improved by considering battery levels in each wireless sensor node.
By performing the numerical experiments, the effectiveness of the proposed scheme is verified.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / フォワーディングノード / 送信電力調整 / カオスニューラルネットワーク / 人工蜂コロニー / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Forwarding Node / Forwarding Power Adjustment / Chaotic Neural Networks / Artificial Bee Colony / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 414, NLP2014-114, pp. 7-12, 2015年1月.
資料番号 NLP2014-114 
発行日 2015-01-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2014-114

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2015-01-26 - 2015-01-27 
開催地(和) コンパルホール 
開催地(英) Compal Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Nonlinear Problems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2015-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスニューラルネットワークを用いた無線センサネットワークにおけるバッテリ残量を考慮したフラッディング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A flooding sheme considering battery level in wireless sensor networks using chaotic neural networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) フォワーディングノード / Forwarding Node  
キーワード(3)(和/英) 送信電力調整 / Forwarding Power Adjustment  
キーワード(4)(和/英) カオスニューラルネットワーク / Chaotic Neural Networks  
キーワード(5)(和/英) 人工蜂コロニー / Artificial Bee Colony  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 瞭平 / Ryohei Sato / サトウ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 秀洋 / Hidehiro Nakano / ナカノ ヒデヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮内 新 / Arata Miyauchi / ミヤウチ アラタ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-26 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2014-114 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2015-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会