電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-26 11:40
地域型サービスの安全な個人化に関する検討
北形 元鈴木遼雅高橋秀幸笹井一人木下哲男東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,ワイヤレスメッシュネットワークの平時活用を目的とし,地域密着
型アプリケーションのための,安全なサービス個人化手法について検討を行う.
東日本大震災後,大規模災害によりダメージを受けた電話や情報ネットワーク
を素早く復旧するネットワークとして,ワイヤレスメッシュネットワークの有
効性が評価されている.しかしながら,自治体への導入を促進するには,平時
にも活用できる,地域密着型のアプリケーションの開発が求められる.そこで,
高齢者等,地域に住む人々それぞれにあわせたきめの細かいサービスを実現す
るための,安全なサービス個人化手法について検討する. 
(英) In this paper, we discuss about safely service personalize method for
regional application aiming for utilization of wireless mesh networks
in times of peace. After the Great East Japan Earthquake, the
wireless mesh networks receive recognition as they can recover
communication networks quickly. However, to widely introduce the
wireless mesh networks into municipalities, it is important to develop
community-based applications which can be utilized in peace
time. Thus, we discuss about safely service personalize method which
realizes fine-grained regional application for local residents.
キーワード (和) 個人化サービス / 移動型エージェント / ワイヤレスメッシュネットワーク / NerveNet / / / /  
(英) Personalized Service / Mobile Agent / Wireless Mesh Network / NerveNet / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 417, MoNA2014-64, pp. 37-40, 2015年1月.
資料番号 MoNA2014-64 
発行日 2015-01-19 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MICT ASN MoNA  
開催期間 2015-01-26 - 2015-01-27 
開催地(和) 南紀白浜温泉 ホテルむさし 
開催地(英) Nanki Shirahama 
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展時および一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, ICT for Medical, Healthcare and Sports, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2015-01-MICT-ASN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地域型サービスの安全な個人化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward realizing secure personalization for a regional service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人化サービス / Personalized Service  
キーワード(2)(和/英) 移動型エージェント / Mobile Agent  
キーワード(3)(和/英) ワイヤレスメッシュネットワーク / Wireless Mesh Network  
キーワード(4)(和/英) NerveNet / NerveNet  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北形 元 / Gen Kitagata / キタガタ ゲン
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 遼雅 / Ryoga Suzuki / スズキ リョウガ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 秀幸 / Hideyuki Takahashi / タカハシ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹井 一人 / Kazuto Sasai / ササイ カズト
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 哲男 / Tetsuo Kinoshita / キノシタ テツオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-26 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2014-64 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoNA-2015-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会