電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-23 13:15
バイアス誤差が存在する場合のTDOA測位の改善手法
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2014-120
抄録 (和) TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された複数の受信局で移動体からの電波を受信して,その電波到達時刻差から移動体の位置を推定する.航空交通管制に利用される航空機監視システムでは,従来のレーダより高精度かつ高頻度な監視が望まれており,これを実現可能とするTDOA測位を活用した広域マルチラテレーション(WAM: Wide Area Multilateration)の導入が進められている.このTDOA測位では,受信局の時計バイアス誤差あるいはマルチパスの影響により測位精度が劣化する.本稿では,時計バイアス誤差を有する受信局が存在する場合に,時計バイアス誤差を推定しながら,TDOA測位を行う手法について述べる.そして,本手法を適用した場合,通常のTDOA測位と比較して,測位精度が改善するシミュレーション結果を示す. 
(英) TDOA (Time Difference of Arrival) localization estimates a target position from arrival time differences of radio signals by detecting the radio signals in a number of ground receiver stations. A surveillance system for air traffic control is desired to provide high performance target positions compared with conventional radar. Wide Area Multilateration using TDOA localization is able to achieve the high performance and has been implemented in around the world. In the TDOA localization, performance degradation occurs by influence of a clock bias error or a signal multipath in a receiver station. This paper describes an advanced way for TDOA localization with estimating a clock bias error in a situation that any receiver station has the bias error. And simulation results are provided that the position accuracy was improved by applying this way.
キーワード (和) TDOA / Multilateration / 測位 / 時計バイアス誤差 / 誤差解析 / マルチパス / /  
(英) TDOA / Multilateration / Localization / Clock bias error / Error analysis / Multipath / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 397, SANE2014-120, pp. 85-90, 2015年1月.
資料番号 SANE2014-120 
発行日 2015-01-15 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2014-120

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2015-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バイアス誤差が存在する場合のTDOA測位の改善手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement Means for TDOA Localization with Receiver Bias Error 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TDOA / TDOA  
キーワード(2)(和/英) Multilateration / Multilateration  
キーワード(3)(和/英) 測位 / Localization  
キーワード(4)(和/英) 時計バイアス誤差 / Clock bias error  
キーワード(5)(和/英) 誤差解析 / Error analysis  
キーワード(6)(和/英) マルチパス / Multipath  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 裕己 / Hiromi Miyazaki / ミヤザキ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小菅 義夫 / Yoshio Kosuge / コスゲ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 俊幸 / Toshiyuki Tanaka / タナカ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-23 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2014-120 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.397 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会