お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-23 14:35
3x3MIMO空間多重における信号点分布近似を用いた低演算信号検出に関する一検討
吉澤健人落合秀樹横浜国大SIP2014-110 RCS2014-298
抄録 (和) 本稿では,2$times$2-MIMOシステムに対して従来より検討されているシンボル分布近似に基づく信号検出法を3$times$3-MIMOシステムへ拡張し,その有効性を検証する.特に本検討では,3つの送信シンボルのうち1つの干渉シンボルを連続信号点分布で近似することにより,演算量低減を試みる.
シンボル分布近似法は,従来より位相シフトキーイング(PSK)変調のように送信シンボルが円形をなす場合に特に有効であることが知られているが,本稿では新たにピーク対平均電力比(PAPR)の低い多値振幅位相シフトキーイング(APSK)変調に適用し,その有効性の検証を行った. 
(英) We evaluate the performance of the recently proposed MIMO detection scheme based on symbol distribution approximation (SDA).By approximating one interfering symbol as a continuous ring with uniform distribution, it has been shown that the SDA is able to reduce MIMO detection complexity without sacrificing achievable bit error rate performance for PSK modulated 2$times$2-MIMO systems.
In this work, we extend the system to 3$times$3-MIMO systems, each modulate by APSK modulation formats that have low signal PAPR, and evaluate its effectiveness.
キーワード (和) Multiple-Input Multiple-Output(MIMO) / 空間分割多重(SDM) / 信号点分布近似 / 振幅位相シフトキーイング(APSK) / 計算量削減 / ビット誤り率特性(BER) / /  
(英) Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) / Space Division Multiplexing (SDM) / Symbol Distribution Approximation (SDA) / Amplitude-Phase Shift Keying (APSK) / Complexity Reduction / Bit Error Rate (BER) / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 395, RCS2014-298, pp. 169-174, 2015年1月.
資料番号 RCS2014-298 
発行日 2015-01-15 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2014-110 RCS2014-298

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3x3MIMO空間多重における信号点分布近似を用いた低演算信号検出に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of a Reduced-Complexity Detection Based on Symbol Distribution Approximation for a 3x3 MIMO Spatial Multiplexing System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Multiple-Input Multiple-Output(MIMO) / Multiple-Input Multiple-Output (MIMO)  
キーワード(2)(和/英) 空間分割多重(SDM) / Space Division Multiplexing (SDM)  
キーワード(3)(和/英) 信号点分布近似 / Symbol Distribution Approximation (SDA)  
キーワード(4)(和/英) 振幅位相シフトキーイング(APSK) / Amplitude-Phase Shift Keying (APSK)  
キーワード(5)(和/英) 計算量削減 / Complexity Reduction  
キーワード(6)(和/英) ビット誤り率特性(BER) / Bit Error Rate (BER)  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 健人 / Kento Yoshizawa / ヨシザワ ケント
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-23 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2014-110,IEICE-RCS2014-298 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.394(SIP), no.395(RCS) 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2015-01-15,IEICE-RCS-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会