電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-23 10:10
道路地理情報を考慮した傾斜地における市街地伝搬損失推定に関する一検討
新 浩一西 正博広島市大)・秦 正治岡山大)・市坪信一九工大)・冨里 繁岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年マイクロセルやピコセル,フェムトセルによる基地局の利用が拡大している.この無線回線設計において,山地が多い日本では傾斜地を考慮することが重要である.しかし,傾斜環境における伝搬損失特性はこれまで十分に明らかにされていない.本稿では, 基地局と移動局の距離が1kmと短い傾斜地における市街地伝搬損失推定式の補正を目的として,広島市,岡山市,北九州市の異なる傾斜環境下で測定を行った結果をもとに市街地伝搬損失推定式の補正項の導出を行った.このとき,基地局からみた地理上の道路方向を考慮することで,異なるエリアにおける補正項の導出が可能であることがわかった. 
(英) In recent years, service areas in cellular systems by using microcells or femtocells are widespread. In the mobile radio link design, several path loss estimation formulas are used. Radio propagation characteristics of the mobile systems in the slope areas are, however, not clear. In this study, we tried to correct the formula in urban areas to fit into slope areas within the distance of 1km from the base station. We propose a correction method taking account of the vertical plane angle, and the ratio of parallel course with respect to the base station. The correction method is based on our measurements using 2,100MHz band radio waves in cellular systems under different slope environments in Hiroshima, Okayama and Kitakyusyu in Japan. As a result, it was confirmed that the correction was effective to estimate the propagation path loss in the different slope areas.
キーワード (和) 電波伝搬 / 市街地伝搬損失補正 / 傾斜環境 / セルラ方式 / / / /  
(英) Radio Propagation / Urban Path Loss Estimation / Slope Terrain Area / Cellular System / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 396, AP2014-175, pp. 79-84, 2015年1月.
資料番号 AP2014-175 
発行日 2015-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 愛媛大 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 道路地理情報を考慮した傾斜地における市街地伝搬損失推定に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of urban path loss estimation for slope terrain areas using geographical road information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(2)(和/英) 市街地伝搬損失補正 / Urban Path Loss Estimation  
キーワード(3)(和/英) 傾斜環境 / Slope Terrain Area  
キーワード(4)(和/英) セルラ方式 / Cellular System  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新 浩一 / Koichi Shin / シン コウイチ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 正博 / Masahiro Nishi / ニシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秦 正治 / Masaharu Hata / ハタ マサハル
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 市坪 信一 / Shinichi Ichitsubo / イチツボ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨里 繁 / Shigeru Tomisato / トミサト シゲル
第5著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-23 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-175 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.396 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会