お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-22 10:40
XOR符号化を用いた符号化空間変調の一検討
橋本樹明石井光治香川大SIP2014-85 RCS2014-273
抄録 (和) 本稿ではXOR符号化を用いた符号化空間変調について検討する.空間変調とはMIMO技術の一種であり,PSKやQAMといった従来の位相振幅領域の変調だけでなく,空間領域を利用した新たな変調技術として提案されている.空間変調を用いる場合,位相振幅領域で送られる情報と空間領域で送られる情報との誤り率に乖離があり,平均特性で評価する場合,特性の悪い方との特性が支配的となる.さらに位相振幅領域の変調多値数が増加すると位相振幅領域の特性が著しく劣化し,平均特性も大きく劣化する.本稿では,空間変調の空間領域,位相振幅領域で送信する情報の特性差を積極的に利用する符号化変調を提案する.計算機シミュレーションの結果より,位相振幅領域の変調多値数が大きい場合,提案方式が従来の符号化空間変調と比較して大幅に特性を改善することを示す. 
(英) Spatial modulation is a kind of MIMO technique and transmits information through spatial domain as well as IQ domain and thus can boost transmission rate compared to a single antenna transmission. However, the performance of the information transmitted though spatial domain is different from the one transmitted through IQ domain. Such a performance gap makes the average error rate performance worse since the worse performance strongly affects overall (average) performance. If the system exploits the spatial modulation with higher order amplitude phase modulated (APM) signal, the performance of APM signal dominates overall performance. This work proposes to make full use of the performance gap by using XOR encoding technique and thus aims to improve the performance. Simulation results show that our proposed XOR coded spatial modulation can significantly improve average frame error rate.
キーワード (和) 空間変調 / 符号化空間変調 / 誤り訂正符号 / / / / /  
(英) Spatial Modulation / Coded Spatial Modulation / Error Control Coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 395, RCS2014-273, pp. 25-29, 2015年1月.
資料番号 RCS2014-273 
発行日 2015-01-15 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2014-85 RCS2014-273

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) XOR符号化を用いた符号化空間変調の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on XOR Coded Spatial Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間変調 / Spatial Modulation  
キーワード(2)(和/英) 符号化空間変調 / Coded Spatial Modulation  
キーワード(3)(和/英) 誤り訂正符号 / Error Control Coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 樹明 / Shigeaki Hashimoto / ハシモト シゲアキ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii /
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-22 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2014-85,IEICE-RCS2014-273 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.394(SIP), no.395(RCS) 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIP-2015-01-15,IEICE-RCS-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会