電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-22 13:50
Polarimetric Circular SARデータ解析の基礎検討
渡邉卓磨山田寛喜佐藤亮一山口芳雄新潟大SANE2014-107
抄録 (和) Circular Synthetic Aperture Radar(CSAR)とは,ある地点を中心とした円軌道上でレーダプラットフォームを走査させ,円形軌道の中心に向けてアンテナビームを照射することでイメージングを行うシステムである.直線軌道をとるストリップマップSARやスポットライトSARと比較して,CSARはターゲットの後方散乱を全方位から測定し,高分解能なイメージングが可能であることが大きな特徴である.本稿では,偏波情報を活用したCSAR画像の再構成手法および解析手法について検討を行う.偏波情報を利用した簡易的なターゲット情報抽出手法として,ワイヤ状ターゲットからの散乱を強調するWire Structure Intensifier(WSI)を提案し,その特性を電波暗室内における実験により検討する. 
(英) Circular synthetic aperture radar (CSAR) is an imaging technique of which the radar trajectory takes a circular form, and the antenna beam illuminates the center of the circular path to acquire the backscattering of targets. Comparing to the SAR systems which have a linear trajectory such as stripmap SAR or spotlight SAR, CSAR has an advantage of being able to image the radar cross section (RCS) of the targets from various azimuthal angles to obtain the high-resolution images. In this report, a simple preprocessing scheme for CSAR received data, called the wire structure intensifier (WSI), is proposed to enhance the scattering from a wire-like target. To demonstrate the proposed method, CSAR experiments are carried out in an anechoic chamber.
キーワード (和) 合成開口レーダ(SAR) / Circular SAR(CSAR) / レーダポーラリメトリ / 偏波基底 / / / /  
(英) Synthetic aperture radar (SAR) / circular SAR (CSAR) / plarimetric radar / polarization basis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 397, SANE2014-107, pp. 13-18, 2015年1月.
資料番号 SANE2014-107 
発行日 2015-01-15 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2014-107

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2015-01-SANE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Polarimetric Circular SARデータ解析の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preliminary Results of Polarimetric Circular SAR Image Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 合成開口レーダ(SAR) / Synthetic aperture radar (SAR)  
キーワード(2)(和/英) Circular SAR(CSAR) / circular SAR (CSAR)  
キーワード(3)(和/英) レーダポーラリメトリ / plarimetric radar  
キーワード(4)(和/英) 偏波基底 / polarization basis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 卓磨 / Takuma Watanabe / ワタナベ タクマ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮一 / Ryoichi Sato / サトウ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-22 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2014-107 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.397 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会