お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-22 10:20
市街地低アンテナ高における空間偏波MIMOの諸パラメータとチャネル容量
佐和山 寿中林寛暁千葉工大AP2014-163
抄録 (和) 市街地低アンテナ高における空間偏波MIMOにおける諸パラメータとチャネル容量について,レイトレース法を用いて検討した.見通し内経路上において,特性に影響を与えるパラメータをパス単位で表し,送受信間距離に対するパラメータの変化について考察した.また,空間偏波MIMOの基礎をなす空間MIMO(垂直偏波)と偏波MIMO(直交偏波)について,固有値,SNR,チャネル容量を求めた.固有値の検討よりアンテナ間相関は直交偏波の方が垂直偏波に比べ低い値が得られたが,SNRは垂直偏波の方が直交偏波に比べ高くなった.その結果,垂直偏波の方が直交偏波より高いチャネル容量が得られることを明らかにした.また,十分なアンテナ間隔が確保できる場合は,送受信間距離が大きくなるにつれて,垂直偏波と直交偏波のチャネル容量差がわずかであるが,大きくなることを示した. 
(英) We examined parameters and channel capacity of spatial polarized MIMO for low antenna in urban area using a ray trace method. The parameters in line-of-sight course were expressed by every path, fluctuations of the parameters to distance between transmitted and received point were considered. Moreover, eigenvalue, SNR and channel capacity in spatial MIMO(vertical polarized) and polarized MIMO(cross polarized), which form the basis for the spatial polarized MIMO, were calculated. The correlation between antennas in the cross polarized MIMO was lower than that in the vertical polarized MIMO from consideration of the eigenvalue, but the SNR in the vertical polarized MIMO was higher than that in the cross polarized MIMO. As a result, it was shown that the channel capacity in the vertical polarized MIMO was higher than that in the cross polarized MIMO. In addition, it was shown that the difference between the channel capacity in the vertical polarized MIMO and that in the cross polarized MIMO became large slightly as the distance between transmitted and received point became large.
キーワード (和) 空間偏波MIMO / 市街地低アンテナ高 / レイトレース法 / チャネル容量 / / / /  
(英) spatial polarized MIMO / low antenna height in urban area / ray trace method / channel capacity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 396, AP2014-163, pp. 13-18, 2015年1月.
資料番号 AP2014-163 
発行日 2015-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2014-163

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 愛媛大 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 市街地低アンテナ高における空間偏波MIMOの諸パラメータとチャネル容量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parameters and Channel Capacity of Spatial Polarized MIMO for Low Antenna Height in Urban Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間偏波MIMO / spatial polarized MIMO  
キーワード(2)(和/英) 市街地低アンテナ高 / low antenna height in urban area  
キーワード(3)(和/英) レイトレース法 / ray trace method  
キーワード(4)(和/英) チャネル容量 / channel capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和山 寿 / Hisashi Sawayama / サワヤマ ヒサシ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi / ナカバヤシ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-22 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-163 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.396 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会