お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-22 14:10
変調信号を用いたMIMOチャネルの高速FDTD解析法の評価
太内田一真本間尚樹恒川佳隆岩手大AP2014-169
抄録 (和) 本報告では,ガードタイムを挿入した変調信号によるマルチアンテナの高速FDTD (Finite-Difference Time-Domain) 解析法について提案する.本提案法では,励振信号をそれぞれが互いに直交する変調信号により生成する.全ての送信アンテナに対して異なる変調信号を割り当てることによって,複数の送受信アンテナ間のチャネルを同時に計算することが可能となる.また,励振する変調信号にガードタイムを挿入することにより送信シンボル間の干渉を低減することで,遅延波が生じるマルチパス環境における高速解析を可能とする.2x2マルチアンテナのシミュレーション結果より,従来法と比べて提案法は短い計算時間で解析可能であり,高い計算精度を実現することを明らかにする. 
(英) This report proposes a fast FDTD (Finite-Difference Time-Domain) analysis method that uses Modulated signal with guard time for multi-antenna systems. In this method, the modulated signals that are orthogonalized to each other are used as excitation signals. By assigning the different modulated signals to all transmitting antennas, the channels from multiple transmitting antennas to receiving antenna(s) can be calculated simultaneously. The guard times are inserted between each of the transmitted symbols to prevent inter-symbol interference at the receiver caused by multi-path fading. The simulation of a 2x2 multi-antenna system shows that the results of the proposed method agree well with those of the conventional method even though its computation time is shorter than that of the conventional method.
キーワード (和) FDTD / 変調信号 / MIMO / / / / /  
(英) FDTD / signal modulation / MIMO / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 396, AP2014-169, pp. 45-50, 2015年1月.
資料番号 AP2014-169 
発行日 2015-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2014-169

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 愛媛大 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変調信号を用いたMIMOチャネルの高速FDTD解析法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Fast FDTD Analysis of MIMO Channel Using Signal Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(2)(和/英) 変調信号 / signal modulation  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太内田 一真 / Kazuma Ouchida / オオウチダ カズマ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 恒川 佳隆 / Yoshitaka Tsunekawa / ツネカワ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-22 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-169 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.396 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会