電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-22 15:00
大規模MIMOチャネルの漸近固有値分布と通信路容量:そこから見えてくるもの
唐沢好男電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMOシステムの伝送特性評価(通信路容量やBER特性)には、通信路行列(A)の相関行列(AHA、AAH)の固有値分布を把握することが重要である。次世代ワイヤレスシステムでは、大規模アレーによるMIMOシステム(Massive MIMO)に期待が高まっているが、Massive MIMOでは、相関行列のサイズが大規模になる。そのような大規模ランダム行列の漸近固有値分布は、マルチェンコ・パスツール則に従う。本稿では、漸近固有値分布とそこから導き出される漸近通信路容量に対し、限定されたMIMO(それほど大規模でないMIMO)の特性評価に、漸近固有値分布の理論がどこまで通用するかを明らかにする。 
(英) For MIMO performance analysis such as channel capacity and BER, understanding of eigenvalue characteristics of correlation matrices AAH and AHA is truly essential. In the next-generation wireless communication systems, a massive MIMO composed of a large number of array elements at one or both ends is expected to be promising to realize higher performance systems. However, for such a large scale MIMO system, eigenvalue analysis based on a conventional way becomes complicated. On the other hand, by an asymptotic way using Marcenko-Pastur law, analysis for massive MIMO channel capacity can be done easily. In this report, by comparing the asymptotic eigenvalue distribution with NxM MIMO case, we show usefulness of Marcenko-Pastur law even if the MIMO is composed of a few number of array elements.
キーワード (和) マッシブMIMO / 漸近固有値分布 / 通信路容量 / マルチェンコ・パスツール則 / / / /  
(英) Massive MIMO / asymptotic eigenvalue distribution / channelcapacity / Marcenko-Pastur law / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 396, AP2014-171, pp. 57-62, 2015年1月.
資料番号 AP2014-171 
発行日 2015-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 愛媛大 
開催地(英) Ehime University 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2015-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模MIMOチャネルの漸近固有値分布と通信路容量:そこから見えてくるもの 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Asymptotic Distribution of Eigenvalues in Large-scale MIMO Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マッシブMIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) 漸近固有値分布 / asymptotic eigenvalue distribution  
キーワード(3)(和/英) 通信路容量 / channelcapacity  
キーワード(4)(和/英) マルチェンコ・パスツール則 / Marcenko-Pastur law  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-22 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-171 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.396 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会