お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-22 15:25
検索クエリを用いたライフログ閲覧時の記憶想起補助の提案
久保田 彰酒田信親西田正吾阪大PRMU2014-97 MVE2014-59
抄録 (和) カメラ付き携帯端末の普及に伴い,ライフログが実現可能になりつつある.写真によるライフログはスマートフォンだけで実現可能で,HMC等の特別なデバイスの装着の必要が無く,ユーザへの身体的・運用的な負担が少ないライフログといえる.しかし,写真によるライフログは閲覧の際,写真撮影の背景や動機,目的の想起が困難となる問題が発生する.この問題を解決するため,ユーザが使用した検索クエリをライフログの重要な要素の一つとして捉え,背景・目的・動機などの内向的な行動理由の共起をユーザへ促すことを提案する.本稿では検索クエリを導入したライフログアプリケーションを示し,検索クエリの提示が想起に与える影響を調査するための実験設計を示す. 
(英) Recently, since many portable terminals have a camera function, many people can create “picture lifelog” easily. Picture lifelog is lifelog which is consisted of pictures. When a user creates picture lifelog, the physical burden is small because she/he doesn't have to mount any special devices. However, when a user sees a picture in picture lifelog, it is sometimes difficult to recall why she/he takes the picture or what the picture means. Therefore we propose showing search queries with picture lifelog in order to support memory retrieval. In this paper, we show a lifelog application which is consisted of pictures and search queries, and propose an experimental design.
キーワード (和) ライフログ / 写真 / 検索クエリ / 想起 / / / /  
(英) Lifelog / Picture / Search Query / Memory Retrieval / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 410, MVE2014-59, pp. 111-116, 2015年1月.
資料番号 MVE2014-59 
発行日 2015-01-15 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2014-97 MVE2014-59

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 奈良先端科学技術大学院大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 質感の計測・認識・提示,災害 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2015-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検索クエリを用いたライフログ閲覧時の記憶想起補助の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lifelog with Search Queries for Memory Retrieval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ライフログ / Lifelog  
キーワード(2)(和/英) 写真 / Picture  
キーワード(3)(和/英) 検索クエリ / Search Query  
キーワード(4)(和/英) 想起 / Memory Retrieval  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 彰 / Akira Kubota / クボタ アキラ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒田 信親 / Nobuchika Sakata / サカタ ノブチカ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 正吾 / Shogo Nishida /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-22 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2014-97,IEICE-MVE2014-59 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.409(PRMU), no.410(MVE) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2015-01-15,IEICE-MVE-2015-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会