お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-23 10:05
非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタを用いたプラズモニックテラヘルツ検出の広帯域特性
佐藤 昭ステファン ボーバンガ トムベット渡辺隆之川﨑鉄哉末光哲也東北大)・デニス ファティエフヴャチェスラフ ポポフコテルニコフ無線電子工学研(サラトフ支部))・南出泰亜伊藤弘昌理研)・ドミニク コキラヴォイチェック クナップモンペリエ第二大)・ギローム ドュコーナマイクロエレクトロニクス研)・尾辻泰一東北大ED2014-109 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-109
抄録 (和) 非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタを用いたテラヘルツ検出について、測定された検出感度の広帯域特性を理論と比較する。流体力学モデルを用い、プラズモン流体非線形性に起因したプラズモニック・ドラッグ効果とプラズモニック・ラチェット効果が、格子ゲート配置の非対称性によって発現することを示し、それらによって生じる DC 光電流を解析的に導出する。プラズモニック・ドラッグ効果による光電流は低周波数領域で支配的であり、一方、プラズモニック・ラチェット効果による光電流は高周波数領域で支配的であることを明らかにする。これまで得られた測定結果と理論を比較し、周波数特性が理論とよく一致することを示す。 
(英) We compare the measured broadband characteristics of the responsivity of asymmetric dual-grating-gate high-electron-mobility transistors in the terahertz range and theoretically predicted characteristics. Using the hydrodynamic model, we show that the plasmonic drag and ratchet effects originating from hydrodynamic nonlinearities of plasmons take place due to the asymmetric placement of the grating gates, and we derive the analytical expressions of DC photocurrents generated by these effects. We show that the photocurrent due to the plasmonic drag effect is dominant in the low-frequency range, whereas the photocurrent due to the plasmonic ratchet effect is dominant in the high-frequency range. We demonstrate that the measured broadband characteristic of the responsivity agrees well with the theory.
キーワード (和) HEMT / プラズモン / テラヘルツ検出器 / / / / /  
(英) HEMT / plasmon / THz detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 387, ED2014-109, pp. 63-67, 2014年12月.
資料番号 ED2014-109 
発行日 2014-12-15 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2014-109 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2014-109

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2014-12-22 - 2014-12-23 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 
開催地(英)  
テーマ(和) ミリ波・テラヘルツ波デバイス・システム 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2014-12-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタを用いたプラズモニックテラヘルツ検出の広帯域特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadband characteristics of plasmonic terahertz detection using asymmetric dual-grating-gate high-electron-mobility transistors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HEMT / HEMT  
キーワード(2)(和/英) プラズモン / plasmon  
キーワード(3)(和/英) テラヘルツ検出器 / THz detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 昭 / Akira Satou / サトウ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ステファン ボーバンガ トムベット / Stephane Bobanga Tombet / ステファン ボーバンガ トムベット
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 隆之 / Takayuki Watanabe / ワタナベ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川﨑 鉄哉 / Tetsuya Kawasaki / カワサキ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末光 哲也 / Tetsuya Suemitsu / スエミツ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) デニス ファティエフ / Denis V Fateev / デニス ファティエフ
第6著者 所属(和/英) コテルニコフ無線電子工学研究所(サラトフ支部) (略称: コテルニコフ無線電子工学研(サラトフ支部))
Kotelnikov Institute of Radio Engineering and Electronics (Saratov Branch) (略称: IREE)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) ヴャチェスラフ ポポフ / Vyacheslav V Popov / ヴャチェスラフ ポポフ
第7著者 所属(和/英) コテルニコフ無線電子工学研究所(サラトフ支部) (略称: コテルニコフ無線電子工学研(サラトフ支部))
Kotelnikov Institute of Radio Engineering and Electronics (Saratov Branch) (略称: IREE)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 南出 泰亜 / Hiroaki Minamide / ミナミデ ヒロアキ
第8著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 弘昌 / Hiromasa Ito / イトウ ヒロマサ
第9著者 所属(和/英) 理化学研究所 (略称: 理研)
RIKEN (略称: RIKEN)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) ドミニク コキラ / Dominique Coquillat / ドミニク コキラ
第10著者 所属(和/英) モンペリエ第二大学 (略称: モンペリエ第二大)
Universite Montpellier 2 (略称: Univ. Montpellier 2)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) ヴォイチェック クナップ / Wojciech Knap / ヴォイチェック クナップ
第11著者 所属(和/英) モンペリエ第二大学 (略称: モンペリエ第二大)
Universite Montpellier 2 (略称: Univ. Montpellier 2)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) ギローム ドュコーナ / Guillaume Ducournau / ギローム ドュコーナ
第12著者 所属(和/英) マイクロエレクトロニクス・ナノテクノロジー研究所 (略称: マイクロエレクトロニクス研)
Institut d'Electronique, de Microelectronique et de Nanotechnologie (略称: IEMN)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾辻 泰一 / Taiichi Otsuji / オツジ タイイチ
第13著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-23 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2014-109 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.63-67 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ED-2014-12-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会