お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-19 11:10
ボディエリアネットワークにおける直接拡散方式のパルスデューティー比および電力に関する検討
酒田昌幸井家上哲史明大WBS2014-52
抄録 (和) 一般のスペクトル拡散通信において拡散符号はデューティー比100%で使われるが,本稿ではそのデューティー比を変更した拡散符号パルスよりUltra Wide Band(UWB)信号を生成し,これによる人体表面でのボディエリアネットワークの通信特性を考察する.拡散符号パルスのデューティー比を変更することにより,拡散符号長を一定としたままRAKE受信時の遅延波の分解能向上を図ることができる.シミュレーションによりRAKE受信した際のBER特性を評価し,デューティー比と一定品質を得る最大距離および平均送信電力について考察する. 
(英) This paper presents the pulse duty factor and transmission power evaluation of direct sequence spread spectrum UWB communication system for body area network. A spreading code pulse is usually 100% pulse duty factor. In this research, UWB signals are made by using a lower pulse duty factor spreading code. Changing the pulse duty factor, the spreading code is expressed as a pulse train. Additionally, it increases time resolution for multipath reception in RAKE receiver. In this paper, we investigated the Bit Error Rate (BER) characteristics of using the low pulse duty factor spreading code and the IEEE802.15.6 channel models in low band and high band of UWB. Additionally we considered the minimal transmitting power from the results.
キーワード (和) スペクトル拡散 / 直接拡散 / デューティー比 / ボディエリアネットワーク / ウルトラワイドバンド / / /  
(英) Spread Spectrum / Direct Sequence / pulse duty factor / Body Area Network / Multipath Fading / UWB / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 368, WBS2014-52, pp. 71-75, 2014年12月.
資料番号 WBS2014-52 
発行日 2014-12-11 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2014-52

研究会情報
研究会 WBS ITS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communications, Poster, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2014-12-WBS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ボディエリアネットワークにおける直接拡散方式のパルスデューティー比および電力に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pulse Duty Factor and Transmission Power Evaluation of Direct Sequence Spread Spectrum Communication System for Body Area Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトル拡散 / Spread Spectrum  
キーワード(2)(和/英) 直接拡散 / Direct Sequence  
キーワード(3)(和/英) デューティー比 / pulse duty factor  
キーワード(4)(和/英) ボディエリアネットワーク / Body Area Network  
キーワード(5)(和/英) ウルトラワイドバンド / Multipath Fading  
キーワード(6)(和/英) / UWB  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒田 昌幸 / Masayuki Sakata / サカタ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井家上 哲史 / Tetsushi Ikegami / イケガミ テツシ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-19 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2014-52 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.71-75 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会