電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-19 13:50
MIMOチャネルにおけるKファクタ推定手法に関する一検討
安達祐介笹岡直人伊藤良生鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らはMIMO (Multiple Input Multiple Output) - OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing)システムのコグニティブ無線化として伝搬環境のセンシングを行い,それに応じて送受信機の各種パラメータを設定する手法を検討してきた.本稿ではMIMOチャネルの遅延パスを考慮したKファクタ推定を提案する.本手法は,MIMOチャネルのインパルス応答を求めるとともに,雑音による推定精度劣化を防ぐためにSNR(Signal to Noise Ratio)の高いパスを選択することで直接波成分並びに間接波成分を推定するものである. 
(英) In order to introduce a cognitive radio into a MIMO (Multiple Input Multiple Output) –OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing), the estimation of channel state information and a channel scenario are required. This paper proposes the K factor estimator corresponding to delay paths of a MIMO channel. The proposed method estimates the impulse response of a MIMO channel and selects the paths whose SNR is higher. Therefore, the direct and reflection components are accurately estimated with noise robust.
キーワード (和) MIMO-OFDM / チャネルシナリオ / Kファクタ / / / / /  
(英) MIMO-OFDM / channel scenario / K-factor / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 370, SIS2014-87, pp. 115-118, 2014年12月.
資料番号 SIS2014-87 
発行日 2014-12-11 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 京都リサーチパーク(京都市) 
開催地(英) Kyoto Research Park (Kyoto City) 
テーマ(和) システムオンシリコン,近距離無線通信応用システム,一般 
テーマ(英) System on Silicon, Short Distance Wireless Communication Application Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMOチャネルにおけるKファクタ推定手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on K-factor estimation for MIMO channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO-OFDM / MIMO-OFDM  
キーワード(2)(和/英) チャネルシナリオ / channel scenario  
キーワード(3)(和/英) Kファクタ / K-factor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 祐介 / Yusuke Adachi / アダチ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 直人 / Naoto Sasaoka / ササオカ ナオト
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Itoh / イトウ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-19 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-87 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.115-118 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会