お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-19 11:35
耐干渉無線通信方式に関する検討
鈴木和雅石岡和明佐野裕康岡村 敦三菱電機WBS2014-53
抄録 (和) 新しい無線通信システムの導入を考えた場合に,専用の周波数バンドが割り当てられる免許波を使用することは,電波が逼迫している現状では難しい.一方,ISM帯は,免許不要で使用することが可能であるが,多くのシステムが存在し干渉が多い.今回,我々は,多干渉下で,高信頼な無線通信システムを実現する,耐干渉性に優れた無線通信方式を検討した.データを重畳しないヌルシンボルを時間-周波数に分散配置し,このヌルシンボルで測定した干渉量に応じて,データシンボルの信頼度を変化させることにより,データシンボルへの干渉の影響を抑圧し,高い耐干渉性を実現する.計算機シミュレーションによる耐干渉性の評価結果と併せて,この無線通信方式について報告する. 
(英) It is difficult to assign licensed band to new wireless communication system because of shortage of frequency band. ISM-band is unlicensed band but there is a lot of interference. We developed the interference resilient scheme which achieves high reliable wireless communication system. In the scheme, null symbols are distributed in time-frequency domain. A receiver measures interference quantity in the null symbols and weights data symbols with the interference quantity to mitigate the effect of interference. In this paper, we propose the scheme and performance evaluations with the proposed scheme are shown.
キーワード (和) 耐干渉性 / OFDM / / / / / /  
(英) Interference Resilience / OFDM / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 368, WBS2014-53, pp. 77-81, 2014年12月.
資料番号 WBS2014-53 
発行日 2014-12-11 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2014-53

研究会情報
研究会 WBS ITS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communications, Poster, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2014-12-WBS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 耐干渉無線通信方式に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Wireless Communication System with Interference Resilience 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 耐干渉性 / Interference Resilience  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 和雅 / Kazumasa Suzuki / スズキ カズマサ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石岡 和明 / Kazuaki Ishioka / イシオカ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 裕康 / Hiroyasu Sano / サノ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-19 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2014-53 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.368 
ページ範囲 pp.77-81 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会