電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-19 09:25
適応変調符号化を用いるアップリンクシングルキャリア非直交マルチアクセスの周波数領域スケジューリングの一検討
後藤淳悟中村 理横枕一成浜口泰弘シャープ)・衣斐信介三瓶政一阪大RCS2014-252
抄録 (和) 本稿では,適応変調符号化 (AMC: Adaptive Modulation and Coding) を用いるアップリンクシングルキャリア非直交マルチアクセス (SC-NOMA: Single Carrier Non-orthogonal Multiple Access) の周波数領域スケジューリングを提案する.ターボ等化処理を前提とするSC-NOMAはユーザが使用するMCS (Modulation and Coding Scheme)により伝送特性が大きく異なるため,AMC適用時はユーザが使用するMCSに応じてIUIの量を制御する周波数領域スケジューリング (FDS: Frequency-Domain Scheduling)が必要である.しかしながら,シングルキャリア直交マルチアクセスで用いられる従来のFDSでは,AMCの適用を前提にチャネルキャパシティを最大とする周波数リソースを割り当てるため,MCSに影響されるターボ等化の干渉除去能力に応じた周波数リソース割当を行うことができない.そこで,本稿ではMCS決定後のセルスループットに基づくFDSを提案する.提案方式では,全ユーザの使用する周波数リソース数の合計と直交多重できる周波数リソース数の比であるロード率を基準として周波数リソースを割り当てる.AMCでMCS決定後,見込みセルスループットを算出する.提案方式では,複数のロード率の見込みセルスループットを算出し,見込みセルスループットが最大となるロード率を選択する.計算機シミュレーションにより,SC-NOMAにおいて提案方式が従来のFDSと比べて良好なセルスループット特性となることを示す. 
(英) This paper proposes a frequency-domain scheduling for uplink single carrier non-orthogonal multiple access (SC-NOMA) with adaptive modulation and coding (AMC). Since transmission performance depends on modulation and coding scheme (MCS) in the SC-NOMA assuming turbo equalizer, it is needed to control the amount of inter-user interference by the frequency-domain scheduling (FDS) considering used MCS in the case of applying AMC. However, the conventional FDS for orthogonal multiple access cannot realize resource allocation depending on ability of turbo equalizer, because an eNB allocates resource so as to maximize channel capacity before AMC. This paper proposes FDS based on the estimated cell throughput after determing MCS in AMC. In the proposal, the eNB allocates resources using average loading ratio which is defined by the total number of used resources by all users and the number of orthogonal resources. Moreover, the eNB estimates the cell throughput after determing MCS in AMC, and selects resource allocation of the average loading ratio which can maximize the estimated cell throughput. Computer simulations show that the proposal can increase cell throughput performances compared to the conventional FDS.
キーワード (和) シングルキャリア / 非直交マルチアクセス / ターボ等化 / 波数領域スケジューリング / / / /  
(英) Single carrier / Non-orthogonal multiple access / Turbo equalization / Frequency-domain scheduling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 372, RCS2014-252, pp. 189-194, 2014年12月.
資料番号 RCS2014-252 
発行日 2014-12-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-252

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館(三重) 
開催地(英) Iseshi-Kanko-Bunka-Kaikan (Mie) 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 適応変調符号化を用いるアップリンクシングルキャリア非直交マルチアクセスの周波数領域スケジューリングの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Frequency Domain Scheduling for Uplink Single Carrier Non-orthogonal Multiple Access with Adaptive Modulation and Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリア / Single carrier  
キーワード(2)(和/英) 非直交マルチアクセス / Non-orthogonal multiple access  
キーワード(3)(和/英) ターボ等化 / Turbo equalization  
キーワード(4)(和/英) 波数領域スケジューリング / Frequency-domain scheduling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 淳悟 / Jungo Goto / ゴトウ ジュンゴ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 理 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横枕 一成 / Kazunari Yokomakura / ヨコマクラ カズナリ
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 泰弘 / Yasuhiro Hamaguchi / ハマグチ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-19 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-252 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.189-194 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会