お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-19 10:50
下りリンクセルラにおけるソフトFFRに基づく分散型送信電力制御法
高橋佑典東京理科大)・湯田泰明星野正幸パナソニック)・樋口健一東京理科大RCS2014-255
抄録 (和) 本稿では,直交周波数分割多元接続(OFDMA: orthogonal frequency division multiple access)を用いた下りリンクセルラにおいて,ソフトフラクショナル周波数繰り返し(SFR: soft fractional frequency reuse)型の周波数利用を基にした適応送信電力制御を提案する.提案法は,セル内のユーザ分布に適応して,プロポーショナルフェア(PF: proportional fair)規範による幾何平均ユーザスループットの最大化を目標に,総送信電力とSFRにおける保護および非保護帯域への送信電力配分率を制御する.先に我々が提案した方法は基地局の総送信電力を最大値で一定としていたのに対し,本稿の提案法は,保護および非保護帯域への送信電力配分率の制御に加えてセル間干渉を考慮して総送信電力の制御も加えた点が異なる.提案法は複雑な基地局間連携を用いずに実現できる.最適な総送信電力と各帯域への電力配分率は,セル内の各ユーザへの各帯域のリソース割り当て量に依存するため,提案法は総送信電力,各帯域への電力配分率,および各ユーザへのリソース割り当てを3ステップの繰り返しアルゴリズムによって同時に最適化する.計算機シミュレーションにより,従来の1セル周波数繰り返し(UFR: universal frequency reuse)や電力固定の周波数繰り返しに比較した提案法の有効性を示す. 
(英) We propose a distributed adaptive transmission power control method based on soft fractional frequency reuse (SFR) for cellular downlink using orthogonal frequency division multiple access (OFDMA). The proposed method adaptively controls the base station (BS) transmission power and power allocation to the protected and non-protected bands in SFR dependent on the user distribution within a cell, aiming at the maximization of the geometric mean of the user throughput (in other words, log sum of user throughput), thus, proportional fair (PF) criteria. While our previously reported method assume constant total BS transmission power, the proposed method of this manuscript controls the total BS transmission power to reduce the inter-cell interference in addition to the control of the power allocation to the protected and non-protected bands. The proposed method is a decentralized approach, in which a complicated inter-BS cooperation is not required. Since the optimal BS transmission power and power allocation to the protected and non-protected bands is dependent on the resource allocation of protected and non-protected bands to respective users, the proposed method jointly optimizes the BS transmission power, power allocation ratio and resource allocation to users by using the 3-step iterative algorithm. Computer simulation results show the effectiveness of the proposed method compared to conventional universal frequency reuse (UFR) and fixed frequency reuse.
キーワード (和) 下りリンク / フラクショナル周波数繰り返し / セル間干渉コーディネーション / 送信電力制御 / / / /  
(英) Downlink / Fractional frequency reuse / Inter-cell interference coordination / Transmission power control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 372, RCS2014-255, pp. 207-212, 2014年12月.
資料番号 RCS2014-255 
発行日 2014-12-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-255

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 伊勢市観光文化会館(三重) 
開催地(英) Iseshi-Kanko-Bunka-Kaikan (Mie) 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 下りリンクセルラにおけるソフトFFRに基づく分散型送信電力制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distributed Transmission Power Control Method Based on Soft FFR for Cellular Downlink 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 下りリンク / Downlink  
キーワード(2)(和/英) フラクショナル周波数繰り返し / Fractional frequency reuse  
キーワード(3)(和/英) セル間干渉コーディネーション / Inter-cell interference coordination  
キーワード(4)(和/英) 送信電力制御 / Transmission power control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 佑典 / Yusuke Takahashi / タカハシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯田 泰明 / Yasuaki Yuda / ユダ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 星野 正幸 / Masayuki Hoshino / ホシノ マサユキ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-19 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-255 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.372 
ページ範囲 pp.207-212 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会