お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-19 17:15
[招待講演]二輪車に関する国際安全規格の動向
高橋 聖日大DC2014-77
抄録 (和) 自動車のための機能安全規格であるISO 26262が2011年11月に制定された.本規格の中では,安全関連系システムを構成する各アイテムの危険事象を,シビアリティ(Severity),曝露の確率(Exposure),コントローラビリティ(Controllability)の3つの尺度で評価し,自動車のための安全度水準であるASILを決定する.現時点では,ISO 26262の適用範囲に二輪車は含まれないが,次期改定時には二輪車が含まれることが予想される.しかし,ASILをそのまま二輪車に適用することは妥当ではないと考える.本稿では,SAE/JSAE 2014 Small Engine Technology Conference(SETC 2014)において筆者らが発表した研究報告を中心に,二輪車に関する国際安全規格の動向を紹介する.そこでは,二輪車のための安全度水準であるMSILを新たに定義することを試みた.そして,MSILとASILとのつながりを考察した結果,二輪車のリスクに要求される安全方策の手厚さは,自動車よりも軽減することを示した. 
(英) ISO 26262 (Road vehicles -- Functional safety) was published in November 2011. In this standard, hazardous events associated with each item constituting a safety-related system are assessed, thereby determining ASILs (Automotive Safety Integrity Levels). Although motorcycles are not included in the scope of application of the current edition of ISO 26262, it is expected that motorcycles will be included in the next revision. However, it is not appropriate to directly apply ASILs to motorcycles. This paper describes trends in the international safety standard for motorcycles, with a focus on our research presentation presented at an international conference in Italy.
キーワード (和) 国際安全規格 / 機能安全 / ISO 26262 / ASIL / 二輪車 / / /  
(英) international safety standard / functional safety / ISO 26262 / ASIL / motorcycle / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 384, DC2014-77, pp. 55-60, 2014年12月.
資料番号 DC2014-77 
発行日 2014-12-12 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2014-77

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2014-12-19 - 2014-12-19 
開催地(和) 高岡テクノドーム 
開催地(英)  
テーマ(和) 安全性,一般 
テーマ(英) Safety, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2014-12-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二輪車に関する国際安全規格の動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Trends in the international safety standard for motorcycles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 国際安全規格 / international safety standard  
キーワード(2)(和/英) 機能安全 / functional safety  
キーワード(3)(和/英) ISO 26262 / ISO 26262  
キーワード(4)(和/英) ASIL / ASIL  
キーワード(5)(和/英) 二輪車 / motorcycle  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 聖 / Sei Takahashi / タカハシ セイ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-19 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2014-77 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2014-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会