お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 14:35
分散システムの耐災害性・耐障害性検証プラットフォームの設計と実装
近堂 徹広島大)・柏崎礼生阪大)・北口善明金沢大)・市川昊平奈良先端大)・西内一馬シティネット)・中川郁夫インテック)・菊池 豊高知工科大IA2014-70
抄録 (和) ICTシステムには、多発的な障害に対してもその可用性を確保することが必要とされる。このような耐障害性・対災害性に対しては,単に設計や構築段階での評価だけでなく,実運用における教育・訓練を通した継続的な評価が必要不可欠となる。本研究では,災害や複雑な障害に強い分散システムを構築・評価するために,SDN技術を活用し,分散システム上に擬似的に災害や故障を発生させることで,その状況を検証・評価が可能なプラットフォームを提案する。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 分散システム / 対障害性 / 対災害性 / プラットフォーム / SDN / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 374, IA2014-70, pp. 7-12, 2014年12月.
資料番号 IA2014-70 
発行日 2014-12-11 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2014-70

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 広島市立大学・サテライトキャンパス 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散システムの耐災害性・耐障害性検証プラットフォームの設計と実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Design and Implementation of a verification platform of a distributed system for disaster resistance and disaster tolerance. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散システム /  
キーワード(2)(和/英) 対障害性 /  
キーワード(3)(和/英) 対災害性 /  
キーワード(4)(和/英) プラットフォーム /  
キーワード(5)(和/英) SDN /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近堂 徹 / Tohru Kondo / コンドウ トオル
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏崎 礼生 / Hiroki Kashiwazaki / カシワザキ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北口 善明 / Yoshiaki Kitaguchi / キタグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa Univerisity (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 昊平 / Kohei Ichikawa / イチカワ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Information Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西内 一馬 / Kazuma Nishiuchi / ニシウチ カズマ
第5著者 所属(和/英) 株式会社シティネット (略称: シティネット)
City Net Inc. (略称: City Net)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 郁夫 / Ikuo Nakagawa / ナカガワ イクオ
第6著者 所属(和/英) 株式会社インテック (略称: インテック)
Intec Inc. (略称: Intec)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 豊 / Yutaka Kikuchi / キクチ ユタカ
第7著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi Insitute of Technology (略称: KUT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2014-70 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.374 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会