電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 13:40
ダイジェスト視聴可能なP2Pライブストリーミングシステムの提案
鈴木駿介電通大)・末田欣子NTT/電通大)・多田好克電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) P2P(peer to peer)におけるライブストリーミングは配信者への負荷の集中を軽減できたり, サーバ-クライアント方式よりも低コストで実現できるなど, 近年その需要は高まっている. しかし, 既存のP2Pライブストリーミングシステムでは, 途中参加したユーザはそれまでの配信内容を把握することができないといった問題がある. そのため, P2Pライブストリーミングにおいて, 途中参加したユーザがダイジェストを視聴可能なP2Pライブストリーミングシステムが必要となる. 本研究では, そのようなP2Pライブストリーミングシステムにおいて, P2Pネットワーク内でダイジェストを作成し, 保持し, 広めるために各ピアが役割を持ったトポロジを提案する. シミュレーションの結果, ノード数が増加してもネットワーク全体のスループットは低下しなかった. さらに, 役割を持たせなかった場合と比べ役割を持たせた場合は全体的なスループットが大きく, 役割を与えることの有用性を確認することが出来た. 
(英) Live streaming in P2P(peer to peer) can solve a concentration of load on a distributor, and its demand has increased in recent years. But, users joined since live streaming starts unable to understand the content of a distribution in the existing method. Threfore, a live streaming system that users joined since live streaming starts can watch digests is required. In this study, we propose new topology that peers have roles of creating, keeping and spreading digests in P2P network for such P2P live streaming. As a result of simulation, when the number of peers so increased, the throughput of network did not decrease. We show the peers having role are higher throughput than the peers having not role.
キーワード (和) P2P / ダイジェスト / トポロジ / 役割 / / / /  
(英) P2P / digest / topology / role / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 373, IN2014-93, pp. 11-16, 2014年12月.
資料番号 IN2014-93 
発行日 2014-12-11 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 広島市立大学・サテライトキャンパス 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイジェスト視聴可能なP2Pライブストリーミングシステムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of P2P live streaming system for digest viewing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) ダイジェスト / digest  
キーワード(3)(和/英) トポロジ / topology  
キーワード(4)(和/英) 役割 / role  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 駿介 / Shunsuke Suzuki / スズキ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 欣子 / Yoshiko Sueda / スエダ ヨシコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社/電気通信大学 (略称: NTT/電通大)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation/The University of Electro-Communications (略称: NTT/UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 好克 / Yoshikatsu Tada / タダ ヨシカツ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-93 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.373 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会