お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 12:30
[ポスター講演]立ち乗り型パーソナルモビリティデバイスの安全性に関する一検討
石黒康平金 帝演鶴岡高専)・橋本尚久富田康治松本 治産総研ITS2014-23
抄録 (和) 快適な移動手段として立ち乗り型パーソナルモビリティデバイス(Personal Mobility Device; PMD)が注目されている.Segway等の立ち乗り型PMDの多くは,倒立振子を用いた直感的な操作方法であり,容易に制御が可能となっている.本稿では,立ち乗り型PMDの安全性の評価を次の2点において行った.一つ目に,立ち乗り型PMDと自転車との比較(ふらつき,振動)により定量的評価を行った結果,立ち乗り型PMDは自転車と比較してふらつきと振動は小さい結果が得られた.二つ目に,段差の高さによる安全性についてアンケート調査を行い,立ち乗り型PMDは自転車と比較して段差乗り越え時の危険性が高い結果が示された.以上のことから,立ち乗り型PMDの安全性に関する基礎的な知見が得られた. 
(英) Standing-type Personal Mobility Device(for example, Segway) has been attracted attention as comfortable travel device. The Standing-type PMD is intuitive handling and easily controlling because its control system is inverted pendulum. We performed the quantitative evaluation of roll value in horizontal direction with the Standing-type PMD and bicycle. As a result, roll value of the Standing-type PMD is lower than these of bicycle. Additionally, we evaluated the safety for the Standing-type PMD and bicycle by questionnaire in riding on different edges. This evaluation has shown that the safety of the Standing-type PMD is lower than that of bicycle riding on different edges. This result shows the elementary knowledge of the safety of the Standing-type PMD.
キーワード (和) 立ち乗り型パーソナルモビリティデバイス / 安全性 / 走行特性 / / / / /  
(英) Standing-type Personal Mobility Device / Safety / Running Performance / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 369, ITS2014-23, pp. 19-24, 2014年12月.
資料番号 ITS2014-23 
発行日 2014-12-11 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2014-23

研究会情報
研究会 WBS ITS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communications, Poster, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2014-12-WBS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立ち乗り型パーソナルモビリティデバイスの安全性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of the Safety for Standing-type Personal Mobility Device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立ち乗り型パーソナルモビリティデバイス / Standing-type Personal Mobility Device  
キーワード(2)(和/英) 安全性 / Safety  
キーワード(3)(和/英) 走行特性 / Running Performance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 康平 / Kohei Ishiguro / イシグロ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technology, Tsuruoka College (略称: NIT, Tsuruoka Colleg)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 帝演 / Jeyeon Kim / キム ジェヨン
第2著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
National Institute of Technology, Tsuruoka College (略称: NIT, Tsuruoka Colleg)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 尚久 / Naohisa Hashimoto / ハシモト ナオヒサ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 康治 / Kohji Tomita / トミタ コウジ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 治 / Osamu Matsumoto / マツモト オサム
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 12:30:00 
発表時間 150 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2014-23 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会