電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-12-18 15:50
[招待講演]ハイブリッドシステムによるマルチメディア・タイミング構造のモデル化と学習
川嶋宏彰京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) カメラやマイクといったセンサから得られる時系列データから,実世界における人の動きや,表情変化,発話などの動的事象をモデル化・解析する手法として,本研究では「ハイブリッドシステム」,特に,複数の力学系を上位の離散事象系(オートマトン)によって切り替える系に注目する.このとき,対象のダイナミクスがいくつかの単純なプリミティブで表され,それらの切り替わりとして表現できる場合などには,モデルベースでのクラスタリングを行うことで,それらプリミティブを自動的に分節化しながら動的モデルとして推定を行うことができる.さらに,いったん同定されたシステムから再び学習データに近い時系列信号を生成することも可能である.本稿ではこれらの特徴を応用した表情解析や複数メディア信号間のタイミング構造モデルを紹介する. 
(英) Capturing dynamic events of human body motion, facial action, and speech, via sensors, e.g., cameras and microphones, we can obtain a variety of temporal data. To model and analyze the dynamics of captured targets from the data, we introduce a method to utilize "hybrid systems." We here use a particular model of hybrid systems that switches several dynamical systems by the upper-level discrete-event system (automaton). If target dynamics can be represented by a set of simple primitives, a model-based clustering algorithm can automatically segment and estimate each of the primitive dynamic models. Besides, an identified model can generate signals similar to given training data. In this report, we show some applications that utilize these features, such as facial-expression analysis and multimedia timing modeling.
キーワード (和) ハイブリッドシステム / 線形動的システム / タイミング / 視聴覚統合 / / / /  
(英) Hybrid system / linear dynamical system / timing / facial expression / audio-visual integration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 370, SIS2014-78, pp. 63-68, 2014年12月.
資料番号 SIS2014-78 
発行日 2014-12-11 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2014-12-18 - 2014-12-19 
開催地(和) 京都リサーチパーク(京都市) 
開催地(英) Kyoto Research Park (Kyoto City) 
テーマ(和) システムオンシリコン,近距離無線通信応用システム,一般 
テーマ(英) System on Silicon, Short Distance Wireless Communication Application Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイブリッドシステムによるマルチメディア・タイミング構造のモデル化と学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Hybrid Systems Approach to Modeling and Learning Multimedia Timing Structures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイブリッドシステム / Hybrid system  
キーワード(2)(和/英) 線形動的システム / linear dynamical system  
キーワード(3)(和/英) タイミング / timing  
キーワード(4)(和/英) 視聴覚統合 / facial expression  
キーワード(5)(和/英) / audio-visual integration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川嶋 宏彰 / Hiroaki Kawashima / カワシマ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-12-18 15:50:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-78 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2014-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会